萩原利久演じる過去に戻る病を抱える主人公、謎の死を遂げた妻の死の真相に迫る

公開: 更新:
萩原利久演じる過去に戻る病を抱える主人公、謎の死を遂げた妻の死の真相に迫る
最新エピソードを無料視聴

萩原利久が主演、早見あかりが共演するプラチナイト木曜ドラマ『めぐる未来』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)が、1月18日にスタートする。

原作は、2021年~2023年「週刊漫画 TIMES」にて連載された、辻やもりによる同名コミックス「めぐる未来」(芳文社 芳文社コミックス刊)。“過去に戻る病“を抱える主人公、襷未来(萩原)。その妻・めぐる(早見)が、結婚記念日に謎の死を遂げる。未来は過去へと戻り、めぐるの死の真相に迫っていく……という考察型タイムリープサスペンス。現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、見どころSPやティザーが配信中。

第1話では、デザイナー兼イラストレーターの未来と、出版社に勤める妻・めぐるが2回目の結婚記念日を迎え、幸せな毎日を送る日常から物語はスタートする。平穏な日々を過ごしていた未来には、めぐるにも言えずにいるある秘密があった。それは、感情の起伏が激しくなると、過去に戻ってしまうという病――。

この病のせいで、感情を出さないよう、ずっと自分を押し殺してきた未来だったが、ある日、めぐるが職場で謎の転落死を遂げる。第一発見者は、同僚の日南小夜(香音)。刑事の時任(勝村政信)は、自殺の可能性が高いと話すが……。めぐるの遺体を前に、動悸が激しくなる未来は、めぐるを救うために過去に戻ることを決意する!

「絶対にめぐさんを救う……」

最愛の妻の死が引き金となり、未来は過去へタイムリープする。そして、めぐるの死の真相を確かめるため、死の原因となっためぐるの職場を訪れた未来。過去をやり直す中で見えてくる、めぐるの知らなかった一面や人間関係。果たして、この編集部の中に、めぐるの死に関わった人物はいるのか!? 未来はめぐるの死を防ぐことはできるのか?

さらに『めぐる未来』の大型ポスターが、東急田園都市線渋谷駅の改札外コンコースに掲出中。

掲載期間:1月15日(月)~1月21日(日)
※広告をご覧になる際は周囲の通行の妨げとならないようご注意ください。
※電鉄、駅、及び駅係員へのお問い合わせはご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

画像ギャラリー

PICK UP