リリー・フランキー、斎藤工の誕生日に手製の“豆腐ケーキ”をプレゼント!“部活感”あふれる撮影を振り返る

公開:
リリー・フランキー、斎藤工の誕生日に手製の“豆腐ケーキ”をプレゼント!“部活感”あふれる撮影を振り返る

リリー・フランキー斎藤工が11日、都内で行われたフジテレビの動画配信サービスFODで配信されるドラマ『ペンション・恋は桃色 season2』の記者発表に出席した。

本作は2020年1月にフジテレビで放送されたドラマ『ペンション・恋は桃色』のシーズン2。FODで1月19日(金)20時より全5話が一挙配信される。いつもテキトーな父シロウ(リリー)とその娘ハル(伊藤沙莉)、そしてバイト青年のヨシオ(斎藤)が営む、ちょっと古いペンション【恋は桃色】をおとずれる“珍客”たちとの騒動を描く笑いあり涙ありのハートフルコメディ。前作に引き続き、細野晴臣が出演し、主題歌「恋は桃色」を担当するほか、ペンションに訪れる宿泊ゲスト役で関智一剛力彩芽が、スペシャルゲストとして山口智子も出演する。

4年ぶりの新作にリリーは「このドラマは特殊でめちゃくちゃ手作り。本当にペンションに泊まって撮影をするんです」と制作過程を紹介。「みんな泊まりでやっているから『明日の撮影どうしましょう』って中身をみんなで話し合って現場で変えたりもするんです。部活みたいですよ。撮影自体6日で全5話撮っていたりもする。すごいですよね」と振り返る。

リリーは「撮影が楽しいということは、ほぼほぼ僕の経験ではないんですよ。仕事をしていて楽しいなんてことは何一つない。やっている時は大変だから。でもこれはやっている時も楽しい」とも述べ、その部活的な雰囲気がすっかりと気に入っている様子。「部活感が新しいものに見えているのかなって思います。今回は夏に撮らせてもらったんですけど、フジテレビさんですから『北の国から』くらい長いこと続けて欲しい」と呼びかける。

リリーは斎藤についても「工くんはすごい変な人。その工くんに極めて近いのがヨシオくんかもしれない」と斎藤の演じるちょっと変わったヨシオのキャラクターを分析。伊藤についても「沙莉ちゃんも、彼女の存在感自体がリアリズムという感じで。沙莉ちゃんがセットに入った瞬間、ここにずっといた気がして来るのが不思議でした。すごくいいですよね。彼女にしかないリアリティがあるんだと思います」と絶賛し、「3人でいると何のストレスも感じない」と仲の良さを強調した。

斎藤は、出演者の個性や役作りに興味津々だったといい、「役を演じながら、みんな、その人にしかない何かに変わっていくんです。それを共演者から感じてすごいと思いました」と話す。自身もヨシオのキャラクター作りについて、「シーズン1のヨシオをどうだったかなと振り返らずに演じた」とユーモアたっぷりに語り、「ある意味倫理観の外れたヨシオになっていると思います」と期待を持たせる。

撮影中に誕生日を迎えた斎藤は、リリーから手製の豆腐のバースデーケーキをプレゼントされたといい、「リリーさんが空き時間にスーパーに買い物に行くのが面白くて。みんなで食べちゃいました。フォルムも美しくて味も美味しくて。うずらが効いていました」と振り返る。

リリーはこの“豆腐ケーキ”について、「工くんはちょうど腸活のために乳製品とか発酵食品とかしか食べない時期に入っていたんです。工くんが食べられないものをプレゼントしても仕方がないって思って、スーパーで豆腐を買い、キムチとか発酵しているものを被せて作ったんです。うずら卵も使いました」と斎藤の体調を気遣っての“豆腐ケーキ”だったと紹介。「美味しそうにみんな食べていた」と嬉しそうに振り返っていた。

画像ギャラリー