宮田俊哉や浮所飛貴らが推しているお菓子の魅力を力説「買ってこなくちゃ」

公開:
宮田俊哉や浮所飛貴らが推しているお菓子の魅力を力説「買ってこなくちゃ」

今も愛されるお菓子を世代別に発表するバラエティスペシャル『1万人が選ぶ!ついに決定!令和・平成・昭和 お菓子ランキング』(テレビ朝日系)が、12月23日に放送。出演者たちが思い入れのあるお菓子について、力説する場面があった。

SP見届け人として登場した宮田俊哉Kis-My-Ft2)は、「平成の好きなお菓子ランキング」の16位にランクインしたヤングドーナツ推し。製造元が奇しくも同じ“宮田”の宮田製菓ということもあり、ヤングドーナツの魅力について、「これ本当においしくて、駄菓子とは思えないしっとり感。周りについている砂糖もおいしくて」と熱く語っていた。

さらに、宮田は上川隆也高畑淳子など、ヤングドーナツを食べたことがないという他の出演者に「マジで食べてみてください」と猛プッシュ。自ら出演者に手渡しながら、ヤングドーナツの普及に務める一幕も。

最後はヤングドーナツが16位にランクインしたことに「めちゃくちゃ嬉しいですね」と喜びながらも、「今年は16位どまりでしたけど、来年はトップ10に入れるように、宮田製菓さんと一緒に頑張りたいと思います」とリベンジを誓っていた。

また、ゲストの浮所飛貴美 少年)は、「令和の好きなお菓子ランキング」の11位にランクインしたUHA味覚糖の水グミの魅力を語る。2022年に発売された水グミは、透明感が最大のウリ。浮所も「これ見ての通り、本当に半透明なんです。僕正直、最初疑ってたんですけど、食べたらぶどう味なんです。本当にしっかりぶどう」とアピールしていた。

そんな出演者たちのお菓子への思いに、ネット上では「食べてみたい」「買ってこなくちゃ」「私も好き」などのコメントが寄せられた。