『サブスク不倫』草川拓弥“淳弥”に追い詰められた堀夏喜“剣太郎”が逆ギレ!「怖すぎ」【ネタバレあり】

公開: 更新:
『サブスク不倫』草川拓弥“淳弥”に追い詰められた堀夏喜“剣太郎”が逆ギレ!「怖すぎ」【ネタバレあり】

佐津川愛美が主演を務めるドラマ特区『サブスク不倫』(MBS、毎週木曜24:59~)の第5話が、12月7日に放送。鳥山未知留(佐津川)に逆ギレする一ノ瀬剣太郎(堀夏喜)に、ネット上で「怖すぎ」といった声が上がった(以下ネタバレが含まれます)。

剣太郎から追加で50万円の援助をお願いされた未知留。それをすんなりと振り込んだだけでなく、密会した際に追加でお金を渡すなど、さらに剣太郎への入れあげは加速していく。そんな未知留に遠慮しなくなった剣太郎は、またしてもお金を要求。一瞬、黒崎淳弥(草川拓弥)から言われた「無理なものは無理と言っていい」という言葉が頭をよぎるも、未知留は「わかった」と返事をしてしまう。

後日、まだ剣太郎にお金を渡していることに気付いた淳弥は未知留を戒める。その際、剣太郎には父親が2年前に亡くなっていて、未知留から巻き上げたお金は遊びに使われているという真実も教えるのだが、それでも未知留は「誰も私と剣太郎さんのことをわかってくれない」と剣太郎への思いを募らせるのだった。

一方の剣太郎は、派手に遊んでいることを妻の父であり勤め先の院長にバレてしまう。そんな剣太郎に会いに行った淳弥は、「ビュッフェ」と剣太郎が裏で繋がり、女性会員を上のコースに誘導する役割を担っていることを指摘。さらに、「ビュッフェに隠れて女性からお金を巻き上げていると知られたら、あなたの立場はどうなりますかね?」と、脅しにも似た発言で追い詰める。

追い詰められた剣太郎は、呼び出した未知留に「もうお金ない」と言われて「もう俺なんてどうなってもいいと思ってんだろ!」と逆ギレし……。

SNS上では「剣太郎怖すぎ!」「医者よりホストになった方が儲かりそう……」といった声が。一方、淳弥の行動には「良い人なの? 悪い人なの?」という声も寄せられた。

次回、12月14日に放送される第6話は最終話。剣太郎が未知留と淳弥に襲いかかる。

なお現在、現在民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話も配信中。

PICK UP