高橋文哉“岳”、志尊淳“海”の代わりとしてレストランの総料理長に!

公開:
北田岳(高橋文哉)
北田岳(高橋文哉)

高橋文哉志尊淳がW主演を務めるドラマ『フェルマーの料理』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第8話が、12月8日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

小林有吾による同名人気漫画をドラマ化した本作。数学者を志していたが、挫折した天才数学少年・北田岳(高橋)と、カリスマシェフ・朝倉海(志尊)が出会い、数学的思考で新しい料理の扉を開く。現在TVerでは第1話、ダイジェスト、制作発表なども配信されている。

先週放送された第7話で岳は、数学を諦めるきっかけとなったトラウマ的存在・広瀬一太郎(細田佳央太)が参加するパーティーでフルコースを担当することに。余計なものは体に入れたくないという広瀬のために、岳は試行錯誤を重ねて……。ネット上では、広瀬のキャラについて「キャラクセ強い」「変人すぎる」​​とのコメントがあった。

<第8話あらすじ>
パリでの出店準備を理由に、朝倉海(志尊)はレストラン「K」の料理長をしばらく北田岳(高橋)に託し、突然いなくなった。給仕長の福田寧々(宮澤エマ)もなぜか出勤してこない。さらに、赤松蘭菜(小芝風花)もしばらく休みを取りたいと言い出す。残ったスタッフたちは海、蘭菜、寧々の3人が不在の状態で店を回すことになる。

朝倉海(志尊淳)
朝倉海(志尊淳)

しかも、海の残した書き置き、そして「K」のスタッフの総意で、なんと料理長を岳が務めることに……。海から引き継いだ「K」を守るには様々な困難が待ち受けていて……。

画像ギャラリー

PICK UP