歩道橋で太もも触りキス!マッチングアプリを介して仲を深めた同僚と…

公開:
歩道橋で太もも触りキス!マッチングアプリを介して仲を深めた同僚と…

恋愛疑似体験型ショートドラマ『キス×kiss×キス~LOVE(ラブ) ⅱ (ラブ)SHOWER(シャワー)~』(テレビ東京系、毎週木曜25:00~)の第4話が11月23日に放送。「わたしの青い鳥」​​はマッチングアプリに関する物語だった(以下、ネタバレが含まれます)。

婚活のためにマッチングアプリを始めた杏子(谷本琳音)は、同期の山内(上野凱)​​に報告。登録したアプリも見せた。じつは山内とは一度、同期で飲んだあと、キスを“しかけたこと”があった。

アプリを続けていると、ある男性とマッチ。メッセージを重ねていく中で、共通点が多いだけでなく、あることに気づく。それは、マッチした相手が山内ではないか、ということだった。

メッセージを通して本人に問いただすと、山内は冷やかしではなく、たくさんやりとりして気が合うと思ったし、あのときキスをしていれば……と後悔したこともあったと告白。それは、杏子も同じ気持ちだった。

2人は歩道橋で会い唇を重ねた。そして、山内がプロポーズ。杏子は「いいよ」と返して、またキスをする。

杏子と山内は止まらない。歩道橋の階段でもキス。手すりに杏子を座らせて、口に、耳にキスをしていく。彼女の太ももに手を置いて、さらにキスは激しくなり……。

次回は11月30日に放送。高校時代の美術の先生・山城(武本悠佑)から画のモデルのアルバイトを頼まれた直樹(南雲奨馬)。山城は、妻(白石糸)が近くにいるにも関わらず、直樹にいじわるな命令とキスをしてくる。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話、2022年に放送された過去回が配信中。

PICK UP