『マイホームヒーロー』木村多江“歌仙”、佐々木蔵之介“哲雄”を救う秘策に「天才」の声【ネタバレあり】

公開:
『マイホームヒーロー』木村多江“歌仙”、佐々木蔵之介“哲雄”を救う秘策に「天才」の声【ネタバレあり】

佐々木蔵之介が主演を務めるドラマイズム『マイホームヒーロー』(MBS、毎週火曜24:59~/TBS、毎週火曜25:28~)の第6話が、11月21日に放送。鳥栖哲雄(佐々木)のピンチを救った妻・歌仙(木村多江)の行動に、SNS上では反響が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

動画がフェイクと判明したことで、間島恭一(高橋恭平なにわ男子)は哲雄を疑い鳥栖家へ。哲雄の部屋に置かれている怪しい植木鉢を見つけ、「ひっくり返せ」と命令する。恭一が指摘した植木鉢には、確かに麻取延人(内藤秀一郎)の死肉が入っていた。哲雄は冷静を装い、「すでに分解されているはず」と自分に言い聞かせひっくり返すが、土の中に分解されていない延人の髪の毛を見つけてしまう。

絶体絶命の状況に立たされた哲雄は最悪の手段も考えるが、そこに外出していたはずの歌仙が帰宅。「お客様がいるなら何かお出ししないと」と何も知らない主婦を演じ、2人をリビングへ移動させる。さらに歌仙は2人にコーヒーとお菓子を振る舞うが、飲み物を口にした恭一は突然腹を押さえて苦しみだし、トイレへ直行。走り去る恭一を見送り、歌仙は「ぐっ!」とガッツポーズを取ってみせる。

歌仙が用意したコーヒーには下剤が盛られていた。呆気にとられる哲雄をよそに、歌仙は恭一の住所を知るべくカバンを捜索。哲雄が「どうやって下剤入りのカップを恭一に選ばせたの?」と質問すると「そんなことしてないわ」「コーヒー全体に下剤を溶かしてある」と衝撃の事実が明らかに。哲雄も遅れてトイレへ駆け込もうとするが……。

SNS上では、大胆不敵な歌仙の作戦に「天才」「怖いもの知らず」「恭一また辛い目に……」といった感想が投稿されていた。

次回、第7話は11月28日に放送される。恭一が哲雄たちの娘・零花(齋藤飛鳥)に接触しようとする。