長谷川京子&ファーストサマーウイカが「卵子凍結」を深堀り「女性の直面する悩みが広がってくれたら」

公開: 更新:
長谷川京子&ファーストサマーウイカが「卵子凍結」を深堀り「女性の直面する悩みが広がってくれたら」

11月18日よりスタートする『トーキョーツキイチMTG』(フジテレビ系、毎月第3土曜25:45~)の囲み取材がこのほど行われ、MCを務める長谷川京子と初回ゲストのファーストサマーウイカが出席。収録の感想や、見どころを語った。

「女性の身体のこと・健康のこと・生きづらさのことを本音で語ることがファッションになる世界を!」をモットーにした同番組。普段はちょっと話しにくいことをとことん語り合って、色々な悩みや情報をみんなで共有する夜の雑談バラエティ。初回の放送では、長谷川とウイカが最近よく聞くワード「卵子凍結」の実態をとことん深堀り。専門家を迎え、金額、体への負担、仕事との両立は可能か? などの疑問を雑談しながら深堀りしていく。

取材会は、初回収録後に行われた。長谷川は「本当に学びの場でした。卵子凍結というものに縁がなくここまで来てしまったので、ここで扱うことで自分よりも年下の若い子たちに伝えることができる意味では、すごく勉強になりました」とコメント。ウイカも「今日から自分のことのように考えられる。皆さんも自分のことのように考えて、明日のランチタイムに話したりできるような番組になったらいいですね」と語った。

そんな2人は、同番組で初共演。「テレビで拝見していました」とウイカを認知していたと長谷川が言うと、ウイカは「きゃあ!」と歓喜の声を上げる。さらに長谷川は、「お話が上手で、場の空気を読みながら臨機応変に対応するすごく頭のいい方。今回もどんどん進行してくれるから、すばらしいと思いました。彼女がいなかったら私は今日無理だった」とウイカを絶賛。「至極光栄です」と喜び溢れるウイカも、「卵子凍結に対する“これってどうなってんの?”という鋭いシャープな目線。目の付け所が他の方と違って、京子さんにしかない焦点の合わせ方が番組の肝になっていくと思います」と長谷川ならではの目線が番組のキーになるという考えを明かした。

長谷川はこれまでにも、『グータンヌーボ2』など女性向け番組のMCを担当してきた。その際の心構えを聞くと、「相手にいかに色々な話をしてもらうか。先に自分が色々と話して、ここまで話していいという枠組みを広げて、話しやすい環境を作るよう心がけています」とのこと。また、ウイカも『トークィーンズ』など女性をメインとした番組に出演しているが「私は女性向け・男性向けというのを一切考えないようにしています。この番組は特に、できれば家族やパートナーと一緒に見てもらって、女性の直面する悩みが広がっていってくれたら」と男性も見てほしいとアピールした。

次回放送のテーマは「妊活」。その他に扱ってみたい題材を尋ねると、ウイカは「最近よく聞く膣トレ。先日、縄跳びをして尿漏れしてしまったので……(笑)」と自身の体験を交えて気になるトピックを明かす。長谷川は「ピルや避妊系のもの。以前、タレントさんが使用していると公表した際、“快楽主義”と言われているのを見ました。そのような偏見がなくなるようにしたいです」と思いを語っていた。

画像ギャラリー