鈴木亮平“南雲”、教師を辞めると決意しベンチ入り!

公開:
鈴木亮平“南雲”、教師を辞めると決意しベンチ入り!

鈴木亮平が主演を務める日曜劇場『下剋上球児』(TBS系、毎週日曜21:00~)の第4話が11月5日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

高校野球を通して、現代社会の教育や地域、家族が抱える問題やさまざまな愛が描かれる、ドリームヒューマンエンターテインメント。(※本作は「下剋上球児」(カンゼン/菊地高弘著)にインスピレーションを受け企画しましたが、登場する人物・学校・団体名・あらすじはすべてフィクションです)なお現在TVerでは、第1話と第2話のほかに、予告動画、高校球児役のオーディションの模様を追った『「下剋上セレクション ダイジェスト版」〜ドラマ出演をかけた熱き予選大会〜』も配信中。

先週放送された第3話では、日沖壮磨(小林虎之介)が暴力事件を起こしてしまう。だが実は、被害者に怪我をさせたのは、兄の誠(菅生新樹)だった。誠は責任をとって高校生活最後の大会でベンチに下がることを決める。一方、南雲脩司(鈴木)が偽教師であることを知った上で、山住香南子(黒木華)は南雲を副部長として登録申請して……。

<第4話あらすじ>
いよいよ甲子園予選1回戦の日がやってきた。越山高校の相手は、昨年夏の大会を1回戦で敗退した多気高校。監督の横田宗典(生瀬勝久)を隠れ蓑に副部長として指揮を執ることになった南雲脩司(鈴木)は、この大会を最後に教師を辞めると決意しベンチ入りしていた。

エースの犬塚翔(中沢元紀)をはじめ久我原篤史(橘優輝)、楡伸次郎(生田俊平)ら1年生の活躍もあり越山ペースの展開に!

そんな中、美香(井川遥)は南雲を残し子供たちと東京へ行く事を決意したが、事情を知らない息子の青空(番家天嵩)は東京行きに難色を示していた……。

画像ギャラリー