松下洸平“椿”、ゴミ置き場で元婚約者に渡した花瓶を見つけ…

公開:
松下洸平“椿”、ゴミ置き場で元婚約者に渡した花瓶を見つけ…

多部未華子松下洸平今田美桜神尾楓珠の4人が“クアトロ主演”を務める木曜劇場『いちばんすきな花』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第4話が11月2日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

潮ゆくえ(多部)、春木椿(松下)、深雪夜々(今田)、佐藤紅葉(神尾)という別々の人生を送ってきた4人の男女が主人公。そんな年齢も性別も、育ってきた環境も全く違う4人がある日ふとした出来事を機に巡り会い、“友情”と“愛情”というテーマに自然と向き合っていくことになるストーリー。現在TVerでは、配信限定の単独インタビュー&ポスタービジュアル撮影のメイキング映像なども配信中。

先週放送された第3話では、ゆくえ、夜々、紅葉が椿の自宅にいると、椿の元婚約者・小岩井純恋(臼田あさ美)が突然やってくる。ゆくえ、夜々、紅葉の3人は椿と純恋の話し合いを階段からこっそり聞いていて……。

<第4話あらすじ>
深雪夜々(今田)のアパートに母の沙夜子(斉藤由貴)がやって来た。突然訪れた母に何か用事があったのか問いかける夜々だったが、沙夜子は「夜々に会いにくるって用事」とだけ答える。さらに着ているTシャツを見た沙夜子から「もっとかわいいの着なよ!」と言われた夜々は……。

春木椿(松下洸平)
春木椿(松下洸平)

春木椿(松下)は駅へと向かう途中、ゴミ置き場の瓶に花が生けてあるのに気づく。それは、椿が小岩井純恋(臼田)に渡したものだった。花に手を合わせて去ろうとすると、近所の住人に呼び止められ、今日は燃えるゴミの日ではないと注意された椿は、仕方なく職場へ持って行くことに。

イラストの装丁の打ち合わせのため出版社を訪れていた佐藤紅葉(神尾)。編集者との打ち合わせを終えてエレベーターに乗ろうとすると、そこには椿の姿が。実は紅葉が訪れていたのは椿が勤める出版社だった。

潮ゆくえ(多部未華子)
潮ゆくえ(多部未華子)

その頃、美容院で休憩をしていた夜々のスマホには沙夜子から「お夕飯なにがいい?」と連絡が。予定はなかったものの“友達と約束している”と夜々が返すと、沙夜子は誰だと詮索してくる。すると、困っている夜々に、潮ゆくえ(多部)から「今夜ヒマだったりする……?」と連絡が入り……。

画像ギャラリー