篠原涼子“凛子”に騙された山崎育三郎“怜”、絶望するも復讐に燃える!?

公開:
篠原涼子“凛子”に騙された山崎育三郎“怜”、絶望するも復讐に燃える!?

篠原涼子山崎育三郎がW主演を務める『ハイエナ』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~)の第2話が、10月27日に放送、及び、民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信もされる。

2020年に韓国で大ヒットし、同年には百想芸術大賞で「TV作品賞(ドラマ)」「TV脚本賞」「TV女性最優秀演技賞」「TV男性最優秀演技賞」の4部門にノミネートされた弁護士ドラマの金字塔『ハイエナ-弁護士たちの生存ゲーム-』をリメイク。「勝つ為なら手段を選ばない雑草魂の弁護士」こと結希凛子(篠原)と「法曹一家に生まれたエリート弁護士」こと一条怜(山崎)の対照的な2人が、生き馬の目を抜くような生存競争を繰り広げる。また、法曹界での生き残りを賭けたスリリングな展開に加え、大人のラブストーリーも程よくブレンドされた、ただの法廷モノではない見応え深い物語となっている。

第1話では、生真面目な怜と、したたかで人を食ったような態度の凛子のキャラクターややりとりが話題に。ネット上では「掛け合い面白すぎる」「凛子さんの性格好き」「ワタワタ怜くんが可愛いすぎ」などの声が上がっていた。

<第2話あらすじ>
結希凛子(篠原)にまんまと騙され、大企業のドラ息子・三鬼修吾(大東駿介)の離婚訴訟の負けが確定した一条怜(山崎)。

凛子との甘い日々を思い返し「全部芝居だったのか?」と絶望するも復讐に燃える。事務所の代表の新海健一(高橋克典)から「一回の失敗くらいで凹むな」と発破をかけられる。

一方、大手法律事務所との裁判で勝利が確定した凛子には、富裕層からの依頼が殺到。だが凛子は全て断り、修吾の顧問弁護士の座を奪うことを策略。修吾に対し、ある行動に出る。それを察知した怜は……。

画像ギャラリー

PICK UP