高橋文哉“岳”&志尊淳“海”の天才同士の最強タッグ誕生に「鳥肌」「ワクワク」

公開:
高橋文哉“岳”&志尊淳“海”の天才同士の最強タッグ誕生に「鳥肌」「ワクワク」

高橋文哉志尊淳がW主演を務めるドラマ『フェルマーの料理』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第1話が10月20日に放送。ネット上では、北田岳(高橋)と朝倉海(志尊)が手を組む展開に注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

特待生として名門・ヴェルス学園に通う岳。数学者になる夢を持っていたが、数学オリンピック選考会​​でライバルとの差を痛感し、その道を諦めてしまう。

学食のアルバイトで賄いのナポリタンを作っていると、学園を訪れていたカリスマシェフの海が声をかけてきた。岳の賄いを強引に食べた海は、彼のナポリタンに驚愕! 一方、海もお礼として、岳にナポリタンを振る舞う。岳は彼の料理に「おいしい!」「こんなの初めてだ!」と感動した。

理事長・西門景勝(及川光博​​)から、別の数学コンテストに出るよう言われた岳だったが、拒否したことが原因で怒りを買い、退学処分となってしまった。雨の中、土下座して頼み込むも、処分が変更されることはなかった。

絶望する岳のもとに海がやってきた。岳は彼に「僕は、数学が好きなだけのどこにでもいる人間だったんだ!」とぶつけるも、海は「違う。お前は主人公だ。物語は続く。料理人になるんだ。岳!」と伝える。

後日、岳は、同級生の魚見亜由(白石聖​)​に連れられ、海が働くレストラン「K」​​へ。同店では、西門が開いたパーティーが行われた。海からメインを作るよう言われた岳は、戸惑いながらもあるものを作る。これは、退学を回避する海の作戦で……。

高校卒業後、岳は「K」で働くことに。海は言う。「俺たちは、料理を持って神に挑む」と。2人は握手をした。

ネット上では、2人が手を組む展開に「鳥肌」「ワクワク」「破壊力(すごい)」​​との反応が。冒頭とラストに描かれた未来の岳が、今とまったく違う雰囲気になっていたため「ギャップやばい」「孤高の天才」との声があった。

次回は10月27日に放送。「K」で、岳を待ち受けていたのは戦場のような厨房だった。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話ダイジェスト、初回直前ナビほかが配信中。

PICK UP