齊藤京子“深愛”、不倫相手から別れを告げられショック!『泥濘の食卓』スタート

公開:
齊藤京子“深愛”、不倫相手から別れを告げられショック!『泥濘の食卓』スタート

齊藤京子日向坂46)が主演を務める土曜ナイトドラマ『泥濘の食卓』(テレビ朝日系、毎週土曜23:30~)が10月21日にスタート。また、民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

主人公の女の子がバイト先の店長と不倫をし、さらには店長の息子、そして店長の妻にまで近寄っていく……。純粋すぎるがゆえ、まっすぐな愛が狂気へと変わった想いが愛する相手の家庭へと徐々に寄生していき、やがて泥濘へと引きずり込んでいく“パラサイト不倫”を描くストーリー。なお、現在TVerでは、齊藤の単独インタビューや解説動画などが配信中。

<第1話あらすじ>
田舎町のスーパーで働く捻木深愛(齊藤)は、毒親である母・捻木美幸(筒井真理子)に抑圧されながら育ったため自己肯定感が低く、自分には何の取り柄もないから、せめて人には優しくしたいという思いで、日々、一生懸命働いていた。そんな深愛には、スーパーで働くことに楽しみが……スーパーの店長・那須川夏生(吉沢悠)と不倫関係にあったのだ。

ある日、仕事の後にいつものようにラブホテルで一緒に過ごしていると、那須川から突然、ピアスをプレゼントされる。ピアスを開けていない深愛だったが、嬉しさのあまり帰宅後、自分でこっそりピアスを開ける。

後日、そのことを知った那須川は戸惑っているようだったが、その直後、那須川から食事に誘われる。深愛は、初めて那須川と外でデートできることを喜ぶが、そこで突然、那須川から別れを告げられてしまう。理由は、妻・那須川ふみこ(戸田菜穂)が病気を患ってしまったからで、深愛のせいではないというが、ショックを受ける深愛の耳にはそんな那須川の言葉は入らない。

それ以来、スーパーで那須川は深愛を避けるようにシフトをずらし、深愛が電話をしても留守電で話すこともできない。「私の何がダメだったんだろう」……ずっと考え続けていた深愛は、ある答えにたどり着く。「私は、やっぱり……店長と幸せになりたい」。やがて、そのまっすぐで純粋な深愛の思いが、ひとつの家庭を泥濘へと引きずり込むことに――!

画像ギャラリー