篠原涼子、山崎育三郎のピアノを絶賛「王子様のようだった」初共演も相性抜群

公開: 更新:
篠原涼子、山崎育三郎のピアノを絶賛「王子様のようだった」初共演も相性抜群

篠原涼子山崎育三郎がW主演を務める『ハイエナ』(テレビ東京系、10月20日スタート、毎週金曜20:00~)の記者会見がこのほど、同局スタジオにて開催。主演の2人のほか、瀧本美織中尾明慶高橋克典が出席し、撮影現場の雰囲気などを語った。

2020年に韓国で大ヒットし、同年には百想芸術大賞で「TV作品賞(ドラマ)」「TV脚本賞」「TV女性最優秀演技賞」「TV男性最優秀演技賞」の4部門にノミネートされた弁護士ドラマの金字塔『ハイエナ-弁護士たちの生存ゲーム-』をリメイク。「勝つ為なら手段を選ばない雑草魂の弁護士」と「法曹一家に生まれたエリート弁護士」の対照的な2人が、生き馬の目を抜くような生存競争を繰り広げる。また、法曹界での生き残りを賭けたスリリングな展開に加え、大人のラブストーリーも程よくブレンドされた、ただの法廷モノではない物語となっている。

主演を務める篠原と山崎は、今作が初共演。共演してみての印象を聞かれると、篠原は「育三郎さんのことは以前から存じ上げていて、(山崎が出演している)ミュージカルを見る側だったので、まさか一緒にお仕事できるなんて。新鮮な気持ちと照れくさい気持ちが最初はありましたが、回が進んでいくごとにリードしてくれたり、色々引き出してくださって、やりやすいです」と。また山崎も「篠原さんには色んな(芝居の)引き出しがあって、そのおかげで僕も引き出されます」と相乗効果になっていると語る。

タイトルにちなんで「ハイエナのように食らいついてしまう(夢中になる)ことはありますか?」という質問には、山崎は「ピアノ」を上げる。今回、ピアノが置いてある撮影現場が多いようで「撮影の合間に触っていると皆さん集まってくださって、ゲストの方に歌っていただいたり。涼子さんにも歌っていただきました」と、現場で豪華なセッションが行われていると明かす。

しかし、篠原の代表曲「恋しさと せつなさと 心強さと」を歌ってほしくて伴奏しても、「まったく歌ってくれなかった」とのこと。その理由を篠原は「恥ずかしいじゃないですか……」と説明しつつ、「でもステキでした。本当に王子様のようだった」と山崎のピアノを絶賛する。

また、高橋が仕事の関係でチェロを弾き始めたと言うと、山崎は「やりましょう!『恋しさと せつなさと 心強さと』を」とセッションを提案。しかし高橋は「そんなレベルじゃない!」と謙遜していた。

画像ギャラリー