『いちばんすきな花』TVerなどの初回見逃し配信が200万再生突破!

公開:
『いちばんすきな花』TVerなどの初回見逃し配信が200万再生突破!

多部未華子松下洸平今田美桜神尾楓珠の4人が“クアトロ主演”を務める木曜劇場『いちばんすきな花』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)。10月12日に放送された第1話の「無料見逃し配信」が放送日を含む4日間(10月12日~10月15日)で、200万再生を突破(配信数はビデオリサーチにて算出。TVer・FODの合計値)した。

“男女の間に友情は成立するのか?”をテーマにくすっと笑って、ふわっと泣ける、新しいスタイルのドラマ。潮ゆくえ(多部)、春木椿(松下)、深雪夜々(今田)、佐藤紅葉(神尾)という別々の人生を送ってきた4人の男女が主人公。そんな年齢も性別も、育ってきた環境も全く違う4人がある日ふとした出来事を機に巡り会い、“友情”と“愛情”というテーマに自然と向き合っていくことになるストーリー。

第1話の放送時には、豪華“クアトロ主演”で描かれる優しく丁寧な世界観と、心の奥に染み渡る台詞の数々に、SNS上では“#いちばんすきな花”と共に、主人公たちそれぞれのキャラクターに「共感する部分が多い」「その気持ち分かる!」とつぶやく投稿があふれ、放送わずか30分ほどで、Xの世界トレンド1位を獲得。ほかにも“男女の友情”にハッシュタグを付けて、このドラマに関する視聴者自身の感想も多く投稿され、こちらも放送中にトレンド上位入り。まさに、本作に寄り添いながら、おのおのの感想や実体験をつぶやく投稿が相次いだことで、リアルタイムでこの物語を共有する時間が生まれた。なお、見逃し配信の再生数と同様に、番組公式アカウントもフォロワー数が増加。Xでは、放送後フォロワー数がおよそ1万人以上増え、6万人に到達。また、本作の舞台裏の様子を写真や動画で楽しむことができるInstagramのアカウントは3万人以上増え、およそ14万人に。さらに、TVerの“お気に入り登録”数はおよそ75万人に上っている。

そして、10月19日(木)放送の第2話より、一ノ瀬颯の出演が決定した。一ノ瀬は、椿の弟・楓(かえで)を演じる。楓は、実家を出て暮らしている兄とは打って変わって、実家暮らしを続けながら、親が営んでいる花屋「フラワーショップはるき」の手伝いをしている。周囲から“いい人”だと言われている兄の姿を見て、実際は会社でもプライベートでも“都合の良い人”に思われているのではと少し心配している。そんなこともあり、婚約者と別れた兄の様子がいつも気がかりなようで……。

春木楓役の一ノ瀬颯
春木楓役の一ノ瀬颯

<一ノ瀬颯 コメント>
本作を見ている誰もが、4人のうちの誰かに共感できるような身近なストーリーだと感じました。その世界に、椿の弟・楓として関われることがとても楽しみです! 椿を、幼い頃から一番近くで、かつ客観的に見てきた楓は、どこか楽観的に見えつつも、芯をつくような言葉を発することがあります。そんな楓にも共感しながらご覧いただけたら幸いです!

<プロデュース 村瀬健(フジテレビ ドラマ・映画制作部)コメント>
おかげさまで初回放送が大反響を頂いており、心から感謝いたします。たくさんの方が「刺さった」「共感した」と言ってドラマの中で描かれた感情や台詞を取り上げてくださっています。中には、ご自身の苦い思い出を語ってくださる方もいて、SNS上は、さながら4人が初めて集まった1話のリビングルームのようになっています。見た人が語りたくなるようなドラマにしたいと思ってこのドラマを企画した僕にとって、うれしい限りです。本当にありがとうございます。中でも、1話の感想で多いのが、“椿さんかわいそう、椿さんに幸せになってほしい”というものです。椿は今、日本で最も幸せを願われている男性の1人なのではないでしょうか。ドラマの中で椿に幸せになってほしいと一番思っているのが、楓です。誰よりも優しい兄・椿のことが大好きで、でも、誰よりも不器用な兄のことを誰よりも心配している弟、楓。その意味において、楓の目線は視聴者の皆さんの目線と一緒かもしれません。その楓役を、一ノ瀬颯さんに演じていただけることになりました。まさにこの役にぴったりの方だと思っています。

一ノ瀬さんの魅力は、柔らかさ、だと思います。目鼻立ちのはっきりしたバキバキのイケメンにもかかわらず、強さや鋭さを感じさせるのではなく、むしろ柔和でマイルドな雰囲気を感じさせてくれる、良い意味で珍しいタイプ。そして、これも良い意味で、なのに何故か何を考えているのかちょっとわからないような雰囲気も感じさせてくれる役者さんだと思っていました。生まれた時からずっと、誰よりも優しい男・椿と一緒に過ごしてきた彼もまた、誰よりも優しい男です。でも、そんな椿が損ばかりしてきたのを誰よりも身近で見てきたせいで、彼には、兄とは違う部分もあります。“花は好きだけど、花屋は嫌い”という兄の気持ちを知った上で、家業の花屋を手伝い続けている楓の本音がどこにあるのか? 優しそうだけど、ちょっと何を考えているのかわからない雰囲気を持っている一ノ瀬さんが、きっと興味深く、面白く演じてくださることと思います。今後の展開と共に、ご期待ください。

画像ギャラリー