重岡大毅“舜”、新木優子演じる初恋の人“花”と同窓会で恥ずかしい罰ゲーム!?

公開:
重岡大毅“舜”、新木優子演じる初恋の人“花”と同窓会で恥ずかしい罰ゲーム!?

重岡大毅が主演を務める『単身花日』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~)が、10月14日にスタート。また、民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

同ドラマは、30代の男女4人の“止められない愛”を描く衝撃の単身赴任ラブサスペンス(原作:いわしげ孝「単身花日」/小学館「ビッグコミックス」刊)。なお現在TVerでは、予告や初回直前SPなどが配信されている。

ハウスメーカー・サンバスホームハウジングの営業マン・桜木舜(重岡)は、ビッグプロジェクトを任され、妻・ゆり子(高梨臨)と娘・花奈(宮崎莉里沙)を東京に残し、中学時代を過ごした鹿児島に単身赴任することになる。すると、そこで中学時代の初恋の相手・武田花(旧姓・桐野花/新木優子)に再会! 

この再会がきっかけとなり、舜の17年ぶりとなる鹿児島帰還を祝う同窓会が開かれることに。同窓会では、中学時代のライバル・片山直哉(田中樹)が花と、「花」「直ちゃん」と名前で呼び合うなど、やたら親密な様子を目の当たりにし、なぜか嫉妬心に火がつく舜……。

その後も、一等航海士の夫は1年の大半を海の上で過ごしているため、ほぼひとり暮らし状態の花の無邪気な言動に翻弄されることになる舜は、愛する妻と初恋の人の間で激しく揺れ動くことに。

単身赴任を機に、17年間閉じられたままだったパンドラの箱が開き、タブーに踏み込んでいくことになる舜と花――。さらに、地元のハウスメーカーの営業マンで、仕事でも強力なライバルとなる片山、電話に出ないことが増えるなど、夫の浮気を疑い始めたゆり子も混じえ、禁断の四角関係がぼっ発する。

仕事先で再会を果たすやいなや、「オマエにだけは絶対負けない!」と舜に敵意むき出しの片山は、中学時代には舜と2人、“2大モテ男”として人気を二分していたイケメン。奥様方にバラの花束を贈るなど、キザで派手な振る舞いと溢れ出る色気を武器に営業する片山だが、この2人の対立をさらに激化させるきっかけとなるのが、愛犬家マダム・折口麗子(小沢真珠)。謎の美女がどんな風に2人をかき回すのか!? 片山については、舜の中学時代の親友で気のいい同僚でもある鳥貝拓也(前原瑞樹)でさえも、同窓会で“唯一会いたくない男”に名前を上げるなど、どうやら現在も手放しで“いいヤツ”とは言えない人物のようで……。

そんな片山が、キザなポーズを決めながら遅れて登場した同窓会では、司会を務める拓也&裕子(金澤美穂)夫妻の独断で、舜と花が恥ずかしすぎる罰ゲームのターゲットに! 仲間たちが盛り上がる中、静かに2人を見つめる片山の視線は、みるみる険しくなっていく――。

第1話からタブーな愛、衝動的な欲望、小さな裏切りから生まれる疑念、そして禁断の四角関係が始まる予感に、想像を絶する過去の秘密まで……危険な問題が凝縮されている本作。一瞬たりとも見逃せないのはもちろんのこと、ぜひ注目したいのが、冒頭や後半に時折差し込まれる“白いワンピース姿の女性”の映像。山の中を裸足で逃げまどう女性の姿に、不穏さが増していく。

「初恋は殺しておかなければならない」――“終わっていなかった初恋”に警鐘を鳴らす鳥貝の言葉どおり、舜と花がパンドラの箱を開いたことで、禁断の愛に壮絶な過去の秘密が絡み合い、物語は衝撃の展開に突き進んでいくことに。さらに1話のラストでは、花と片山の衝撃の密会シーンも!?

<第1話あらすじ>
ハウスメーカー「サンバスホーム・ハウジング」東京本社の営業マン・桜木舜(重岡)は、ある日突然ビッグプロジェクトを任され、鹿児島への転勤を命じられる。思い悩んだ末、舜は仕事が好調な妻・ゆり子(高梨)と娘の花奈(宮崎)を残し、中学時代を過ごした鹿児島へ単身赴任する決意を固める。

慌ただしく準備をし、鹿児島に着いた舜は、懐かしさで胸がいっぱいに。そして、それと同時に、忘れていた初恋の思い出も蘇ってくる。貸してくれたレースのハンカチ、花火大会で触れた手と手、雨に濡れた彼女の背中――。“そうか、ここは彼女の住む街なのだ”と、舜は甘酸っぱい気持ちになり……? 

しかし、淡い思い出に浸る間もなく、本格的に鹿児島での仕事が始まる。情熱を傾けて働いてきた彼にとって、このプロジェクトはやりがいのある大仕事。そのうえ鹿児島支店には、偶然中学時代の親友・鳥貝拓也(前原)もいて、何とも心強いスタートに! 舜は、妻子のために仕事にまい進することを誓う。

そんなある日、舜はスーパーマーケットで初恋の相手・武田花(旧姓・桐野花/新木)と突然再会を果たす。美しい女性になった花にぼう然とする舜。しかもこの再会を機に同窓会が行われることになる。

そして迎えた同窓会当日――。懐かしい顔ぶれが集合し盛り上がる中、遅れて現れたのは、かつて舜と“2大モテ男”と呼ばれた片山直哉(田中)。片山と花が親しげに「花」「直ちゃん」と呼び合う様子を見た舜。その後、同窓会はとんでもない衝撃の展開に!? 

一方、その頃東京では、ゆり子が何度電話しても出ない舜にモヤモヤした思いを抱えていて……!?

画像ギャラリー