北村有起哉演じる“たそがれ俳優”に坂井真紀「イジりがいがあった」

公開: 更新:
北村有起哉演じる“たそがれ俳優”に坂井真紀「イジりがいがあった」

10月7日に放送がスタートする北村有起哉主演の土曜ドラマ9『たそがれ優作』(BSテレ東、毎週土曜21:00~)の制作記者会見が10月6日に開催され、北村、瀬戸さおり駒木根葵汰坂井真紀アベラヒデノブ監督が登壇した。

深夜食堂』の著者・安倍夜郎の同名漫画をドラマ化した本作。俳優の仕事を終えると、酒場へと繰り出す主人公・北見優作(北村)が、訪れる店でマドンナたちと酒を酌み交わしていく。彼女たちに心を惑わされながら、食って、呑んで、フラれて……また呑む! 

本作の主人公・優作を演じる北村は、実在するお店や人気メニューが登場することはもちろん「料理を通しての(マドンナたちとの)心のかけひきが見どころ」だと語る。

また、俳優という職業柄、劇中劇も多く登場。監督とは劇中劇も本気で取り組む、と話していたそうで「チャンネルを変えて、パッと見ても、あたかもそのドラマがやっているように(錯覚してほしい)」という思いが込められているという。そのためか「僕がやったことのないジャンルの劇中劇もあって……。初体験させていただいたので、(演技の)引き出しはカラッポになりました」と述べて笑わせた。

優作のヘアメイクを担当する草刈典子を演じる瀬戸は、自身の役どころについて「優作さんにズケズケという女性だなと」と第一印象を語る。続けて「『こんなこと言っちゃっていいの?』っていうくらい優作さんにツッコミを入れている」と明かした。

そんな典子の“口撃”を食らう北村も「僕(優作)が、ちょっと言うと『セクハラですよ』と言われるんです。でも、よくよく聞いたら(典子の方が)言っている……という構造になっています」と付け加えた。

駒木根は、優作のヘアスタイリスト・川上晴樹を演じる。晴樹については「典子ほどじゃないですけど、盾に隠れて(優作を)小突く、ずる賢いキャラクター」と紹介。続けて「晴樹として撮影しているのが、ものすごく楽しくて。『こういう人生だったら楽しいだろうな』と思いました」と話した。ただ、言葉が足りないと思ったのか、すぐさま「今の人生ももちろん楽しいですけど(笑)、ずっと3人組で、ああいう人生もいいなと思いました」と語った。

優作の行きつけのバー『ともしび』のママ・茜を演じるのは坂井。マドンナと別れた優作に「何、たそがれてんの?」と声をかけてくれる彼のよき理解者である。

坂井は「キツいような優しいような、的を得ていると言ってしまえば言い過ぎなのかもしれないんですけど、優作に言う台詞が素敵で……。台本を読んでいても『これ言いたいな』って言葉がたくさんあったので演じていて楽しかったです​​」と回顧。また、信頼しているという北村との共演シーンについては「(優作が)イジりがいがあったし、(北村は)何を言っても返してくださるので、かけあいもすごく楽しかったです」と笑顔を見せた。

アベラ​​監督は、マドンナが出てくる共通点もあって、不朽の名作『男はつらいよ』に絡めつつ「(本作は)令和版寅さんであり、1話ずつ映画のつもりで向き合いました」と明かす。現場の空気を映像に収めるためにカットをかけるのを遅らせたり、「ひとりぼっちを楽しんでいる優作さんを大事にしたい」という思いからエンドクレジットは、ワンショットにしていると明かしたりと、作品への思いを熱く語っていた。

そんな中、記者から、全員に「飲食店での印象的な出会いがあれば教えてください」という質問が投げかけられた。皆が頭を悩ませる中、北村が真っ先に答えた。

舞台をやっていると、終演後に来場した関係者と食事をする機会が多くあったという。「そういうシチュエーションで、立て続けに3回(食事が)重なった女性と、今一緒にいます」と告白。「ウチの妻(高野志穂)も女優をやっていますけど、一緒に仕事をしたことがなくて『あれ、またですね』って」と、現在の妻との運命的な出会いを明かした。

本作にもリンクしたエピソードということもあってか、駒木根​​が「もういいんじゃないですか?」とポツリ。「これ以上ないです!」と本音を述べると、登壇者も同調し、会場が笑いに包まれた。

最後に北村は、今回改めて「たそがれる」という言葉の意味合いを想像した、と述懐。

「このドラマにおいて、優作はときめいていたんだなって(思う)。このときめきって、自由な権利で年齢制限がないんですよね」「(優作は)ときめきがあるからこそ、傷ついてたそがれる。でもまた、たくましく違う人にときめく……。世間から見れば、単細胞で浅はかな人かもしれませんが、その優作の生き様がいいなって。たそがれるって、とっても素敵なことなんじゃないかなと思いました」とし、この人間模様を、肩の力を抜いてしみじみと見ていただけたら、と結んでいた。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、見どころ&撮影舞台裏SP、予告編が配信中。​​