千原ジュニア、初のメンチ切りに遭い「しんどい」『ミナミの帝王』の台詞をネタにされる

公開:
千原ジュニア、初のメンチ切りに遭い「しんどい」『ミナミの帝王』の台詞をネタにされる
「千原ジュニアの座王」を見る

千原ジュニアがMCを務める『笑いの総合格闘技!千原ジュニアの座王 チャンピオン大会』(カンテレ、毎週金曜24:55~)が10月3日、フジテレビ系全国ネットで放送。レベルの高い接戦の連続に、SNS上では「さすがチャンピオン大会!」といったコメントが寄せられた。

同番組は、イス取りゲームを使って芸人が1対1で即興ネタを競い合う“即興力No.1決定戦!”。7回目の全国ネット放送となる今回は、審査委員長にブラックマヨネーズ小杉竜一を迎えチャンピオン大会を開催する。

メンバーの笑い飯西田幸治(座王63回)、しずる・KAƵMA(座王2回)、R藤本(座王17回)、スカチャンヤジマリー。(座王1回)、セルライトスパ大須賀健剛(座王14回)、ロングコートダディ堂前透(座王14回)、かが屋賀屋壮也(座王1回)、カベポスター永見大吾(座王4回)、にゃんこスターアンゴラ村長(座王1回)、ラランドサーヤ(座王2回)の総勢10名の歴代王者の中から「グランド座王」を競う。

1回戦はKAƵMAvsヤジマリー。のビンタ対決に、審査委員長の小杉がドロー判定を出すとジュニアは「さすがチャンピオン大会。ハイレベルな大会」と大興奮。そして再戦の結果、ヤジマリー。が勝利。小杉は「マジかこいつ。無限や」と爆笑した。

5回戦は、サーヤvsR藤本によるメンチ対決。通常回では審査委員長にメンチを切るお題だが、チャンピオン大会の今回はジュニアにメンチを切るというルールに変更。ジュニアは、サーヤからドラマ『新・ミナミの帝王』での台詞を言われながらメンチを切られ、「しんどい」と苦笑いする。

さらには、7回戦の西田vs大須賀による土下座対決で、「(過去の全国ネットSPに比べて)審査委員長がショボい」「小杉さんが審査委員長でレギュラー回よりリラックスできてます」と小杉がネタにされる一幕もあった。

SNS上では、「グランド座王」を競うレベルの高いチャンピオン大会に、「おもしろすぎる」「敗退していくのがもったいない」「小杉のジャッジいい!」などの反響も寄せられた。

次回は10月13日にディレクターズカット版の45分SPが放送される。