ともさかりえ“きつこ”、塩サウナを初体験!清水みさと扮する“塩塗り女”がやってきて…

公開: 更新:
ともさかりえ“きつこ”、塩サウナを初体験!清水みさと扮する“塩塗り女”がやってきて…

ともさかりえが主演を務める真夜中ドラマ『湯遊ワンダーランド』(テレビ大阪、毎週土曜24:55~/BSテレ東・BSテレ東4K、毎週土曜24:00~)の第11話が、9月23日に放送される。

人気漫画家・まんきつ氏による、現在の「女性サウナブーム」の火付け役ともいえる作品をドラマ化した本作。ネタが浮かばず、悪夢に悩まされる日々を送っていた漫画家・きつこ(ともさか)は、ある日、弟・やっちゃん(須賀健太)から「顔がよどんでる。毒がまわってる」と指摘される。「サウナに行って汗をかけ。毒を抜け」という助言を受けて銭湯に通い始める……。実在する銭湯を舞台に女性サウナーのリアルな実態や、誰もが共感するサウナあるあるなどが描かれる。

前回の第11話で、下半身をきれいに“処理”している女性たちを見たきつこは、カミソリを手にある決断をする。SNS上では「涙出るほど笑った」「凄い展開だ!」「くだらなさ過ぎて大好き」などのコメントが寄せられた。

<第12話(最終話)あらすじ>
初めて行った温浴施設で塩サウナを初体験するきつこ(ともさか)。そこへ塩塗り女(清水みさと)がやってきて、全身にくまなく塩を塗り込む。元彼とその彼女の不幸を願うドス黒い感情を抱いてしまうのがイヤで、いろんな方法で浄化しているのだという。

親切心で背中にも塩を塗ってあげようとするきつこ。しかし塗った瞬間、何かに取り憑かれてしまう。

その後、何とか我を取り戻したきつこは、改めてサウナに支えられている自分に気付き、新たに決意を固め……。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では本作の第1話~第11話も配信中だ。

画像ギャラリー