『君には届かない。』前田拳太郎“ヤマト”、柏木悠“カケル”への静かで熱いアプローチに「ドキドキ」【ネタバレあり】

公開:
『君には届かない。』前田拳太郎“ヤマト”、柏木悠“カケル”への静かで熱いアプローチに「ドキドキ」【ネタバレあり】

前田拳太郎柏木悠超特急)がW主演を務めるドラマストリーム『君には届かない。』(TBS、毎週火曜24:58~)の第1話が9月26日に放送。ネット上では、ヤマト(大原倭斗/前田)とカケル(芦屋架/柏木)のやりとりに注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

幼馴染で親友のヤマトとカケル。ヤマトは容姿端麗、成績優秀で女の子からもよく告白をされていた。一方、カケルは成績が芳しくなく、居残りでプリントをやらされる始末。ヤマトは、落ち込むカケルを励まし、プリントを手伝う。じつは、彼はカケルに特別な感情を抱いていた。

教室で、カケルから「ヤマトって好きな人いないの?」と問われ、真剣な表情で「カケル」と返答したヤマト。状況が飲み込めないカケルだったが、教師の村セン(インパルス板倉俊之)がやってきたことを教えてくれたのだ、と気づき「そっちかよ! ビビった〜」と胸をなでおろした。

そんな中、他校の女子生徒との合コン話が持ち上がる。カケルからその話を聞いたヤマトもついていくことに。ボウリングをする中、好きなタイプを聞かれたヤマトが「幼馴染」と答えているのを偶然耳にしたカケルは混乱する。

合コンの帰り道、ヤマトは気持ちが抑えきれず、カケルの腕をつかむ。驚くカケルにヤマトが「俺はカケルがいれば」と気持ちを伝えようとしたところ、ヤマトの妹・ミコト (大原実琴/紺野彩夏)​​に声をかけられた。

その場をあとにしたカケルは、“俺がいればって何? ヤマトどうしちゃったわけ? なんか今日俺変だ”と動揺するのだった。

ネット上では、2人の“ぴゅあキュン”ストーリーに「めちゃくちゃ良かった」「ドキドキ」「可愛すぎる」​​とのコメントがあった。

次回は10月3日に放送。カケルは、いつも通りヤマトに接しようと思うが、よそよそしくなってしまう。​​

​​​​なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では第1話ダイジェストが配信中。