松村北斗&西畑大吾からコメントが到着!『ノキドア』いよいよ最終話

公開:
松村北斗&西畑大吾からコメントが到着!『ノキドア』いよいよ最終話

松村北斗SixTONES)と西畑大吾なにわ男子)がW主演を務める本格ミステリードラマ『ノッキンオン・ロックドドア』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~)最終話(第9話)が、9月23日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

ドラマ初共演となる演技派の松村&西畑が、相棒にしてライバルの最強ダブル探偵に扮し、W主演を務める本格ミステリードラマ(原作/青崎有吾、監督/堤幸彦ほか)。“トリック=不可能(HOW)専門探偵”御殿場倒理(松村)と、“動機や理由=不可解(WHY)専門探偵”片無氷雨(西畑)が、微笑ましくもヒリヒリする人間ドラマを紡ぎながら、数々の難事件に挑んでいく。なお、現在TVerでは、最新話に加え、第1話~第3話、ダイジェスト動画が配信中。

「謎解きの依頼だよ。被害者の名前は、御殿場倒理」――前回放送の第8話ラストで、W探偵の前に突然現れた因縁の天才犯罪コンサルタント・糸切美影(早乙女太一)。美影が依頼した事件とは、6年前に鍵のかかった自宅アパート内で、倒理が何者かに首を斬られ負傷した、不可能かつ不可解な「密室殺人未遂事件」。これまで事件現場の様子も含め、幾度となく劇中で示唆されてきた、あの不穏極まりない謎に満ちた事件だったのだ。

W探偵と警視庁捜査一課の刑事・穿地決(石橋静河)、そして美影――共に天川教授(渡部篤郎)のもとで学び、仲睦まじかった4人の運命を変え、さらには彼らをいびつに結びつけてきた忌まわしき事件。現場に残されていた不可解な血のメッセージ、そして氷雨&穿地と共に第一発見者となった美影がこつ然と姿を消した理由、さらには密室トリックの全貌も、真犯人の正体も……すべての真相を閉じ込めてきた重く固い扉を、なぜ美影は今になって開けようとしたのか? そして、その禁断の扉の先にある震撼の真実とは一体……。

さらに、9月23日(土)11時30分からは『ノッキンオン・ロックドドア最終回直前SP』も放送!(※一部地域をのぞく) この番組では、これまでのW探偵の活躍を振り返ると共に、闇深き未解明事件の真相に近づく最終話の一部も先行公開! さらに、松村&西畑からの特別メッセージも紹介する。

また、このほど最終話の放送に向けて、松村&西畑からのコメントも到着した。

<松村北斗(御殿場倒理・役) コメント>
最終話はW探偵と刑事、犯罪コンサルタント……大学時代に同級生だった4人の過去にまつわる謎を解くという“最終局面”を迎えます。このいびつな4人はなぜ繋がり、そして離れていったのか……。事件の謎解きだけでなく、4人の人間模様も見えて、心にぐっとくる話になっていると思います。

<西畑大吾(片無氷雨・役) コメント>
この作品の一番の醍醐味である部分が、最終回では描かれています。見ていただくと、「第1話からもう一回見返そうかな」と思っていただけるはず。そして実際に見返すと、また全然違った景色を感じ取っていただけるような最終回になっていると思います。ぜひ見ていただけたら幸いです。

画像ギャラリー

PICK UP