目黒蓮“ハル”の予想だにしない行動とは!?ドラゴンバンクに買収されたトリリオンゲーム社の行方は…

公開:
目黒蓮“ハル”の予想だにしない行動とは!?ドラゴンバンクに買収されたトリリオンゲーム社の行方は…

目黒蓮Snow Man)が主演を務める金曜ドラマ『トリリオンゲーム』(TBS系、毎週金曜22:00~)の最終話(第10話)が9月15日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

本作は“世界一のワガママ男”のハルこと天王寺陽(目黒)と“気弱なパソコンオタク”のガクこと平学(佐野勇斗)がゼロから起業し、ハッタリと予測不能な作戦で1兆ドル(トリリオンダラー)を稼いで、この世のすべてを手に入れようと成り上がるノンストップ・エンターテインメント。現在TVerでは、第1話、ダイジェストなどが配信中。

先週放送された第9話では、ハルと桐姫​​(黒龍キリカ/今田美桜)の“結婚生活”に注目が集まった。子供とピクニックをする2人の幸せそうな結婚生活の“イメージ”が流れたこともあって、ネット上では「世界一お似合い」「良すぎて泣いた」との声が寄せられた。

<最終話あらすじ>
トリリオンゲーム社の全ユーザー情報が漏洩し、高橋凜々(福本莉子)はユーザーへの謝罪と説明が必要だと記者会見を行うが、社長としての管理責任を追及されてしまう。会社の信用は地に落ち、売り上げも激減。

打つ手がないハル(目黒)とガク(佐野)と祁答院一輝(吉川晃司)に、黒龍一真(國村隼)は会社を手放すよう迫る。

数日後、ついにドラゴンバンクがトリリオンゲーム社を買収。呆然とするガクたち社員の前に、誰もが予想だにしない行動に出たハルが現れて――。