曽田陵介“一真”、福室莉音“恋人・美和”の言葉に奮起「いい女すぎる」

公開:
曽田陵介“一真”、福室莉音“恋人・美和”の言葉に奮起「いい女すぎる」

佐藤大樹FANTASTICS from EXILE TRIBE)が主演を務めるドラマL 『around 1/4(アラウンドクォーター)』(テレビ朝日、毎週土曜26:30~/ABCテレビ、毎週日曜23:55~)の第8話が9月9日・10日に放送。美和(福室莉音)の言動に、ネット上では称賛の声が相次いだ(以下、ネタバレが含まれます)。

サパークラブで平田早苗(美山加恋)が元カレの林健太(三宅亮輔)とキスしているところを目撃した新田康祐(佐藤)は、失意の中で元カノのユナ(安倍乙)とホテルに向かう。寸前でキスを拒んでいた早苗は健太に別れを告げ、気持ちを確かめるために康祐に電話をかける。ユナと一線を超えることはなかったものの、康祐は早苗に「元カレと別れてる間に俺で寂しさ埋められてよかったな」と言い放つ。

一方、カットモデルの沢口あかり(里々佳)と食事を楽しんだ宮下一真(曽田陵介)は、同棲している恋人の美和に後ろめたさを感じていた。翌日、美和がアパートを出たあと、住所を教えていないにも関わらず、あかりが一真を訪ねてくる。「私のこと好きですよね」と迫るあかりだったが、一真は混乱しながらも「今以上の関係になるつもりはありません」と拒否。あかりを帰すために玄関のドアを開けると、家を出たはずの美和が立っていた。

嫌な予感がして戻ってきたという美和に、あかりは「宮下さん、あなたといるのがしんどいって。同じ仕事なのに理解しあえない。あなたといると劣等感に苦しんでしまうって」と、かつて一真が漏らした言葉を伝える。しかし、美和は「だから何?」と一蹴。恋人だからといって全てを理解しあえるわけではないと言い、「それでも私たちは好きで一緒にいるんです」と胸を張る。

あかりと決別した一真は、スタイリストとして先を行く美和に対して「俺、追いかけるから。一人前になるから」と宣言。一真の熱意を受け止めた美和は「言ったね。じゃあ、死ぬ気でついてきて」と手を差し出すのだった。

一真への思いを言葉と態度で示す美和に、ネット上では「スカッとした!」「いい女すぎる」「美和ちゃん大人!」などのコメントが寄せられた。

次回、第9話は9月16日・17日に放送。突然、家を訪ねてくる恋人の正(平岡祐太)に、橋本明日美(工藤遥)は喜ぶが……。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、本作の第1話~第8話、ダイジェスト、予告編が配信中。