杉野遥亮“清舟”、なるを連れて東京へ!

公開:
杉野遥亮“清舟”、なるを連れて東京へ!

杉野遥亮が主演を務めるドラマ『ばらかもん』(フジテレビ系、毎週水曜22:00~)の第9話が9月6日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

原作はヨシノサツキによる同名コミック。日本一美しい海を擁するとも言われる長崎県五島列島を舞台に、書道だけを支えに孤高に生きてきた都会育ちの青年書道家・半田清舟(杉野)が五島列島で出会った琴石なる(宮崎莉里沙)ら島民たちとの交流を通じ、書道家として、そして人間としても成長していくハートフル“島”コメディ。『ばらかもん』とは、五島列島の方言で“元気者”を意味する。現在TVerでは、第1話~第3話、ダイジェストなどが配信中。

先週放送された第8話で清舟は、なるの父親・優一郎(岡田義徳)からなるに飛行機のおもちゃを渡すよう託される。優一郎は気付かれないようにこっそりなるを見守るが、なるは優一郎が父親であることに気付いていた。ネット上では、清舟がなるに告げた「俺はお前の先生だぞ。お父さんでもないし、他人だけどな、お前には俺がついてるから安心しろ」という言葉に対して「尊い」「涙腺崩壊」「心が洗われる」とのコメントがあった。

<第9話あらすじ>
半田清舟(杉野)は、一流ホテルを父・清明(遠藤憲一)の作品で彩る準備を手伝うため、東京に行くことになった。それを知り、一緒に行くと騒ぎ出す琴石なる(宮崎)。清舟から東京行きを反対されたなるは、誕生日に清舟からもらった「なんでもいうこときくけん」で東京同行を説得する。

東京へ向かう日、清舟となるは、なぜか空港で神崎康介(荒木飛羽)に出会う。康介は、川藤鷹生(中尾明慶)からこき使われることに耐えられなくなり、逃げてきたのだと言う。清舟は、そんな康介に仕方ないから家を使わせてやると言って自宅の鍵を手渡す。

到着早々、手伝いに駆り出された清舟は、川藤の事務所に新たに所属することになった書道家・佐久間圭(佐々木一平)を紹介される。個展を開くという佐久間の打ち合わせに参加した清舟は、書道家の作品を支えるプロの仕事を目の当たりにする。

清舟が疲れ果てて帰宅すると、なるが部屋の隅でどんよりしていた。清舟が遊んでくれるのをずっと待っていたらしい。そんな折、部屋にこもって作品作りに集中していた清明が、清舟を部屋に呼んだ。そこで清明は、東京に戻って来るよう、清舟に告げる。清明の側で仕事を手伝いながら、プロの書道家としての勉強を始めろ、と言うのだ。

あくる日、清舟はなるを連れて動物園に遊びに行く。だが清舟は、清明の言葉が頭から離れず……。

画像ギャラリー