龍宮城・佐藤海音、大原優乃との吸血シーンを振り返る「吸い方&見せ方の使い分けを勉強して挑んだ」

公開:
龍宮城・佐藤海音、大原優乃との吸血シーンを振り返る「吸い方&見せ方の使い分けを勉強して挑んだ」

10月6日にスタートする金曜ドラマDEEP『秘密を持った少年たち』(日本テレビほか、毎週金曜24:30〜)の制作発表が9月2日に都内で行われ、出演する龍宮城(佐藤海音、西田至、米尾賢人、冨田侑暉、竹内黎、伊藤圭吾、齋木春空)、大原優乃大谷亮平、本作のメガホンを取った中田秀夫監督が登壇した。

本作は『リング』シリーズなどで知られるジャパニーズホラーの名匠・中田監督のオリジナル作品で、人を襲いその血を啜る「夜行(やこう)」に望まずしてなってしまった少年と少女の残酷な運命を描く。主人公・光石玲矢役の佐藤や、バンド「404 not found」のボーカル・貴崎慎一郎役の西田ほか、オーディション番組『0年0組 -アヴちゃんの教室-』で誕生したグループ・龍宮城のメンバー7人全員がドラマ初出演を飾る。

佐藤は初のドラマ出演について聞かれ、「初の演技で初主演ということで、とても緊張することが多かったんですが、撮影のない時も、早く現場に行きたいと思うくらい撮影が楽しかったです。大原さんが話しかけてくれて撮影しやすい雰囲気を作ってくれました」と感想を述べる。

演じる主人公の玲矢はギターを大切にしている青年の役でもあり、「撮影までギターを練習しました。ギターを弾く瞬間が一番玲矢と自分がリンクできる、気持ちの入りやすい瞬間だなと思いました。ドラマ出演は龍宮城としても新たな試み。アーティスト以外の顔もみなさんにたくさんお見せすることができると思います」と話す。

また、中田監督とも息ぴったりだったとのことで、佐藤は監督についても「役柄を決めるところからご一緒して、僕たちに一から演技を教えてくださいました。『よく頑張ったね』って声をかけてくださった時に、愛情を持って接してくださったんだなと思ったのを覚えています。僕のことを『息子』と言ってくれたのも嬉しかったです」と回顧する。

また、見せ場となる血を吸う演技についても、「(大原演じる)ユキと血を求め合うシーンは求愛行動のような行動。ただ単に喉が渇いてそこら辺の人を吸うのとまた違った吸い方、見せ方があると思い、撮影して行く中でその使い分けを勉強して挑みました」と話した。

ヒロインの雪を演じた大原は、様々なものを抱えたユキを演じることには「覚悟が必要だと思った」と撮影前の心境を紹介する。「覚悟を持って撮影に入りました。すごく残酷で過酷な撮影を今しているんですけど、きっと今まで見たことのないようなドラマをお見せできると思います。やりがいのある役だなと思いました」と本作の内容に胸を張る。大谷は龍宮城との共演について、「みんなキラキラしています。間違いなくここからいく(ブレイクする)んじゃないですか。そういう方々の初々しい会見にご一緒できて光栄です」と共演を楽しんでいるようだ

龍宮城メンバーもそれぞれ感慨深げで、伊藤が「お芝居は初めて。共演者や監督さんにいろいろなことを学ばせてもらっています」と話すと、冨田も「ずっとやりたかった演技の仕事を龍宮城のメンバーとやらせてもらえて光栄です」と嬉しそうにコメント。西田も「ドラマの中ではバンドのボーカル。全力で役と向かい合っています」と述べ、米尾も「自分たちにとって初のドラマ。撮影をするたびにいろいろなことに出会えてとても幸せです」と笑顔を見せた。竹内も「昔からドラマや映画が大好き。いつかドラマにも挑戦したいと思っていたので、今回このような機会をもらえて本当に光栄です」と続き、齋木も「初めてのドラマ。日々演技を勉強しながら撮影に臨んでいます」とそれぞれの思いを語っていた。

画像ギャラリー