『CODE』地上波本編から1年が経過したオリジナリストーリー&台湾版の原作がHuluで配信

公開: 更新:
『CODE』地上波本編から1年が経過したオリジナリストーリー&台湾版の原作がHuluで配信

9月3日に最終話を迎えた坂口健太郎が主演、染谷将太が共演する日曜ドラマ『CODE―願いの代償―』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜22:30~)。早くもロスの声が続出する地上波本編とHuluオリジナルストーリー(独占)、さらに原作の台湾ドラマ『コード/CODE 悪魔の契約 ドラマシリーズ』をHuluにて全話配信中だ。

本作は、恋人の死の真相を知るため、どんな願いも叶える謎のアプリ「CODE」に手を伸ばした一人の刑事・二宮湊人(坂口)が、「CODE」にまつわる事件を追うフリー記者・椎名一樹(染谷)やハッカーの三宅咲(堀田真由)、二宮と同じく「CODE」に取りつかれた三輪円(松下奈緒)らを巻き込んで、背後に潜む陰謀に迫っていくノンストップ・クライム・サスペンスドラマ。衝撃のラストを迎えネットが騒然とする中、早くも『CODE』ロスの声が続出している。

Huluでは、地上波本編が全話配信となったほか、Huluオリジナルストーリー第3話「CODEの真相、そのとき私たちは…」の独占配信が開始。 地上波本編から1年が経過し、椎名や咲が一連の事件の資料を眺めながら懐かしむ様子が描かれ、椎名や咲と一緒に『CODE』の思い出に浸れる内容となっている。

また、本作は、台湾でヒットした『士徳遊戲(英題:CODE)』(2016年)、『浮士徳遊戲2(英題:CODE2)』(2019年)が原作。日本版はこの2作品をベースにして、オリジナル要素を盛り込んだ新しい物語が繰り広げられてきた。

台湾版はどんな願いも叶えるアプリ「CODE」にハマった主人公が事故死し、その後アプリの黒幕が次第に明らかになっていく物語。主役のレンジエ刑事を演じるのは、『戦神~MARS~』『イタズラなKissII~惡作劇2吻~』など数多くの台湾ドラマに出演しているシュウ・ジエカイ。そのほか、『ディア・プリンス~私が恋した年下彼氏~』のチョン・ヤオ、『運命のマッチアップ』のトゥオ・ツォンファなど豪華俳優陣が、台湾発のクライムサスペンスを盛り上げる。