小関裕太“仁科”「二度と藤子さんには近づきません」憔悴する姿に「怖いけどかわいそう」

公開: 更新:
小関裕太“仁科”「二度と藤子さんには近づきません」憔悴する姿に「怖いけどかわいそう」
「癒やしのお隣さんには秘密がある」を見る

田辺桃子小関裕太が主演を務める『癒やしのお隣さんには秘密がある』(日本テレビほか、毎週金曜24:30〜)の第9話が、9月1日に放送。仁科蒼真(小関)の憔悴した姿に、SNS上で「怖いけどかわいそう」という声が上がった(以下、ネタバレが含まれます)。

蓬田藤子(田辺)の会社の前で待ち伏せするも、田辺真奈美(矢吹奈子)に見つかり追い返されてしまった仁科。そのため、夜道を歩いている坂本省吾(武田航平)に接触するのだが、背後から声をかけたため恐怖を感じた坂本から投げ飛ばされてしまう。

背中に傷を負った仁科の手当をしに、2人は仁科のアパートへ。そこにはもう藤子の写真は貼られておらず、キレイに片づけられていた。

そこで仁科は、坂本に「僕のどういうところがストーカーなのか、お聞きしたくて」と質問してくる。まだストーカーだった自覚のない仁科。あくまで“護衛”のために付きまとい、隣の部屋に住んでいたと話すと、坂本は「あなたがどう思うかじゃない。相手がどう感じるかなんです」「結果的にあなたは蓬田を傷つけた。蓬田はあなたを避けた。それが答えなんです」と仁科を説得する。

それでも「僕の気持ちはどうしたらいいんでしょうか」と言う仁科。あくまで“藤子のため”にやっていたことだと続け、「これは間違いなんでしょうか!?」と気持ちの整理がつかない仁科に対し、坂本は少し間をあけて「はい、間違ってます」とキッパリ。そして、「今の蓬田の望みは、元の生活に戻ることだと思います」と藤子の気持ちを代弁すると、仁科は「わかりました。もう二度と、藤子さんには近づきません」と約束するのだった。

SNS上では「仁科さん、怖いけどかわいそうになってきた」「純粋な思いで藤子の側にいたのに」と仁科に同情の声も。一方、「坂本さんいい人すぎない?」「坂本さん、良い男。藤子と付き合えばいいのに」という坂本と藤子の関係の発展を願う声も多く見られた。

次回、第10話は9月8日に放送。藤子が過労で倒れてしまう。

なお、現在民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、第1話〜第8話のほか、配信限定動画が配信中だ。