中村倫也“太郎”ら消防団が不在のハヤブサ地区で“不気味な異変”

公開:
中村倫也“太郎”ら消防団が不在のハヤブサ地区で“不気味な異変”

中村倫也が主演を務める木曜ドラマ『ハヤブサ消防団』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)第7話が、8月31日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

池井戸潤原作の新機軸ホラーミステリーを実写化。田舎町という“小さな異世界”を舞台に、予測不能なストーリーが怒涛のように展開していく。現在TVerでは、最新話に加え、第1話~第3話、ダイジェスト動画や制作発表記者会見の動画などが配信中。

前回放送の第6話では、真鍋明光(古川雄大)が放火犯ではないかと疑う三馬太郎(中村)。山原賢作(生瀬勝久)​​も同じ考えだったこともあり、ハヤブサ消防団で情報共有をした。その後、次のターゲットになるであろう家を消防団で見張ることに。すると、真鍋が姿を現し、家主不在の家に入っていく。いよいよ彼を確保……というタイミングで、真鍋から不審車があるとの通報を受けたと警察がやってきて、彼が放火犯であることは勘違いだということになってしまった。

しかし帰り際、太郎は真鍋と会話をする中である違和感に気づき、消防団の中に共犯者がいるのではという推理に至り……。ネット上では、まだまだ謎が深まる展開に「全然分からない」「全員怪しい」「(消防団のメンバーが犯人なら)人間不信になる」​​とのコメントがあった。

<第7話あらすじ>
最新作の書籍化を記念してミステリ作家・三馬太郎(中村)のサイン会が都内の書店で開催されることとなり、それにあわせて藤本勘介(満島真之介)、徳田省吾(岡部たかし)、森野洋輔(梶原善)、宮原郁夫(橋本じゅん)、山原賢作(生瀬)らハヤブサ消防団のメンバーも東京へと研修旅行にやって来た。一同は久々の旅行、そして大都会に大はしゃぎする。

だが、食事の席で勘介は自分たちが不在の間にハヤブサで火事が起きないか心配だと不安をもらす。それを聞いた太郎は意を決して「放火犯は今、ハヤブサにいない」ことを告げ、太郎の推理によって突き止めた連続放火犯の名を一同の前で明かす。消防団メンバー全員ががく然とする、その人物とはいったい……!?

ところがその直後、さらなる衝撃の事態が太郎たちに襲いかかる! 同じ頃、立木彩(川口春奈)が残るハヤブサ地区でも、不気味な異変が起きていて……。

画像ギャラリー