なにわ男子の絆がさらに深まった『24時間テレビ』乗り切ったご褒美に「ちゃんこ行きまーす!」

公開:
なにわ男子の絆がさらに深まった『24時間テレビ』乗り切ったご褒美に「ちゃんこ行きまーす!」

8月26日・27日に放送された『24時間テレビ46』(日本テレビ系)でメインパーソナリティーを務めたなにわ男子西畑大吾大西流星道枝駿佑高橋恭平長尾謙杜藤原丈一郎大橋和也)が、同番組の終了後に行われた取材会に出席。無事に24時間にもわたる生放送を走り切った感想を語った。

まず「達成感がすごい」と語った西畑。「僕たちを知らない方にも存在を知ってもらえる『24時間テレビ』になったんじゃないかなと。すごくやりがいを感じました。無事走り切ることができて良かったです」と感無量の様子。続けて大西も「学ぶことがすごく多くて、メインパーソナリティーとして皆さんを応援する立場なのに、逆に勇気づけられました。僕たちも頑張らなきゃと背中を押してもらえました」と番組を通して、自分たちも頑張る力になったと述べた。

また、この『24時間テレビ』でメンバー間の絆も深まったよう。大橋が「ちょっと詰まったら大ちゃん(西畑)が後で上手いこと繋げてくれたり。みっちー(道枝)も、僕が読まなきゃいけないカンペを読み忘れたら代わりに読んでくれたりとか。僕はメンバーがいたらまったく緊張しないんですよ。それってやっぱり安心感のあるメンバーがいるからこそなので、心強いなと思います」とメンバーに感謝を述べると、すかさず西畑が「こっちは毎回ヒヤヒヤしてるけどね(笑)」とツッコむ。

また、道枝がサプライズでメンバーへの手紙を読んだシーンについて。大橋・西畑以外のメンバーが“割愛”されてしまっており、それを藤原が「みっちーの照れ隠し」と言うと、他のメンバーも「照れ隠しや~!」とからかい出し、道枝が「照れ隠しじゃないよ!」と反論する場面も。西畑が「ほんまは(他のメンバーへも)書いてたんやろ?」とフォローするのだが、実は本当に書いていなかったようで「尺が足りなかったんです。もっと時間があったら十分なくらい、いや十二分なくらい書いてました」と釈明した。

最後に、24時間を完走して「自身にご褒美をあげるなら?」という質問には、「やっぱりみんなでご飯行きたいですね!」と大橋。両国国技館での開催ということもあって、藤原が「ちゃんこ行きたくない?」と言ったことをきっかけに、全員が「ちゃんこ行きまーす!」と楽しそうに口を揃えていた。

なお、現在民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、道枝が主演した『虹色のチョーク 知的障がい者と歩んだ町工場のキセキ』ほか、『24時間テレビ46』で放送された企画が配信されている。