松下奈緒“円”が残酷な選択を迫られる…考察班は新たな黒幕説に言及?

松下奈緒“円”が残酷な選択を迫られる…考察班は新たな黒幕説に言及?

坂口健太郎が主演、染谷将太が共演する日曜ドラマ『CODE―願いの代償―』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の第​​9話が8月27日に放送。ネット上では、最終話直前となって、ますます深まる謎に注目が集まった(以下、ネタバレが含まれます)。

神奈川県内で爆破事件が連鎖的に発生。すべての現場で同型のアタッシュケースの破片が見つかっており、「CODE」が絡んでいる可能性が高かった。さらにある現場では、防犯カメラに三宅咲(堀田真由)が映っており、彼女が容疑者として浮上した。

咲は、二宮の任務を代わりに遂行したにすぎない……。市川省吾(玉山鉄二)を拘束中の二宮湊人(坂口)と椎名一樹(染谷)は、市川と行動を共にする側と、咲を助ける側の二手に分かれることに。その後、市川の逆転で今度は二宮が閉じ込められたり、CODEの利用者から二宮と椎名が襲撃を受けたり、たびたびピンチに陥った。

咲といる三輪円(松下奈緒)は、息子・芯(木村優来)が誘拐されたことを知る。そんな彼女のもとに電話があった。CODEの任務を完了させれば死の制裁は無効で息子も助かる、任務に失敗すれば、ある人物に死の制裁がくだるという。

電話直後にCODEから任務が届いた。指定された場所に単身で行くと、そこには先ほどまで一緒にいた咲が捕えられていた。しかも、彼女のもとにはアタッシュケースに入った爆弾が! ここで円はフリーズして……。

ネット上では、事件の裏で暗躍する黒幕について、咲を疑う声が多くあり「黒幕は咲?」「裏切ってるのかな?」とのコメントが。次が最終話のため「予想がつかない」「真相は来週か」とモヤモヤを抱えている人が多くいた。

最終話は9月3日に放送。市川の策略により、二宮に神奈川県知事の青柳伸彦​​(新納慎也)襲撃の容疑がかかってしまう。

なお現在、民放公式テレビ配信サービス「TVer」では第1話〜第3話やダイジェスト動画ほか、TVerオリジナルストーリーとして、椎名が二宮のあることを調べる1.5話、咲が椎名に次の作戦について問いただす2.5話が配信中。​​

PICK UP