広瀬すず、元バスケ部での経験をたずねられ小ボケ「全然覚えてない…」

公開: 更新:
広瀬すず、元バスケ部での経験をたずねられ小ボケ「全然覚えてない…」
「アメトーーク!」を見る

8月24日の『アメトーーク!』(テレビ朝日系、毎週木曜23:15~)では「バスケW杯日本代表応援芸人」を放送。SPゲストに広瀬すずが出演し、華麗なシュートを披露した。

8月25日に沖縄で開幕する『FIBAバスケットボールワールドカップ2023』の開催を記念し放送された同企画。テレビ朝日のスペシャルブースターを務める広瀬とともに、「バスケW杯日本代表応援芸人」らと選手のスゴさやワールドカップの観戦ポイントを全力でプレゼンする。

小中8年間、バスケをしていた広瀬は「全国大会目指してやってました」と回顧。小学5年生のときのバスケをしている広瀬の写真が映し出されると、「小学校で黒いバッシュはくなんて結構本気ですよ」と田村裕麒麟)が指摘。黒いバッシュについて広瀬は「なんかうまく見えるかなって」とはにかむ。

また、渡邊雄太選手がVTR出演し、3P成功率アップの秘密が明かされると、広瀬も「私も小学校のときに(ボールを)もらったまま打てって言われて練習してました」「もらったらどの角度でも打てるように」とコメント。ゲストの山崎弘也アンタッチャブル)から「それで急に入るようになるの?」とたずねられ、「全然覚えてないんですけど」と回答するとスタジオメンバーからは「そんな事ある!?」とツッコミが。

スタジオでは、広瀬にもシュートモーション遅いver&速いverを実演してもらうことに。結果、どちらともシュートを決めた広瀬に「カッコいい」など声が飛ぶ。そこで山崎が「ちょっと思い出したんじゃない?」と質問すると「いや、覚えてないです……」と回答する広瀬の小ボケに、芸人全員がズッコケて見せるのだった。

ネット上では、広瀬の出演に「バスケうまい」「選手のことも詳しい」「バスケW杯楽しみになってきた」などの声があがっていた。

なお、現在民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、「ストロングゼロ おつまみドラフト会議2023」も配信中。

次回は8月26日に「アメトーーク土曜SP バスケW杯応援芸人!! 広瀬すずと学ぶ戦術編」が放送される。