目黒蓮“ハル”ら「トリリオンTV」を開局!國村隼“黒龍”は本気で潰しにかかる

公開:
目黒蓮“ハル”ら「トリリオンTV」を開局!國村隼“黒龍”は本気で潰しにかかる

目黒蓮Snow Man)が主演を務める金曜ドラマ『トリリオンゲーム』(TBS系、毎週金曜22:00~)の第7話が8月25日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

本作は“世界一のワガママ男”のハルこと天王寺陽(目黒)と“気弱なパソコンオタク”のガクこと平学(佐野勇斗)がゼロから起業し、ハッタリと予測不能な作戦で1兆ドル(トリリオンダラー)を稼いで、この世のすべてを手に入れようと成り上がるノンストップ・エンターテインメント。現在TVerでは、第1話、ダイジェストなどが配信中。

先週放送された第6話でハルは祁答院一輝(吉川晃司)と協力して、大手芸能事務所「ゴッド・プロモーション(ゴップロ)」の社長・神(塚本高史)を退陣させるため、株主たちの委任状を集​めることに。株主総会ではピンチもあったが、ガクの協力もあり、神を辞めさせることに成功した。ネット上では、ハルが暗闇に包まれた2階席から仁王立ちで笑みをこぼしたシーンが話題に。「痛快だった」「魔王みたい」「ワクワク展開」とのコメントがあった。

<第7話あらすじ>
ハル(目黒)たちは「プチプチアイランド」の大ヒットで得た大金をつぎ込み、天気予報専門チャンネルと番組制作会社を買収。ついにネットテレビ「トリリオンTV」が開局した。ゴップロのタレントを起用した宣伝効果で、大口のスポンサーもついた。

しかし、そんなトリリオンゲーム社を黒龍一真(國村隼)が本気で潰しにかかる。アメリカの大手配信サービス会社を買収すると、娘の桐姫ことキリカ(今田美桜)がCEOとなり、地上波テレビの看板番組の放送権を買い漁り始める。

その頃、ハルとガク(佐野)は、ある制作会社の報道プロデューサー・功刀(くぬぎ/津田健次郎)と地上波テレビ局の人気アナウンサー・白虎あかり(百田夏菜子)に接触して……。