ともさかりえ“きつこ”、新手のカルト信者と疑われる…クリスタルチューナーを「チリンチリン」

公開: 更新:
ともさかりえ“きつこ”、新手のカルト信者と疑われる…クリスタルチューナーを「チリンチリン」

ともさかりえが主演を務める真夜中ドラマ『湯遊ワンダーランド』(テレビ大阪、毎週土曜24:55~/BSテレ東・BSテレ東4K、毎週土曜24:00~)の第6話が、8月19日に放送される。

人気漫画家・まんきつ氏による、現在の「女性サウナブーム」の火付け役ともいえる作品をドラマ化した本作。ネタが浮かばず、悪夢に悩まされる日々を送っていた漫画家・きつこ(ともさか)は、ある日、弟・やっちゃん(須賀健太)から「顔がよどんでる。毒がまわってる」と指摘される。「サウナに行って汗をかけ。毒を抜け」という助言を受けて銭湯に通い始める……。実在する銭湯を舞台に女性サウナーのリアルな実態や、誰もが共感するサウナあるあるなどが描かれる。

前回の第5話できつこは、アシスタントの沼崎(樋口日奈)をサウナへ誘ったのだが、彼女の奔放な姿に注目があつまり、SNS上では「沼崎さんの毛事情」「きつこのツッコミに吹いた」「今週も笑った」といった感想が上がっていた。

<第6話あらすじ>
またペンが進まないきつこ(ともさか)。「天使界の入り口の音」というクリスタルチューナーをチリンチリンと鳴らし続けるが近所では新手のカルト信者と疑われる羽目に。さらに近所の人から音が「うるさい」と殺されてしまう妄想に怯えてしまう。

「みんなと共存する」ことが救いの道だと信じ込んだきつこは、ネズミに餌付けをして共存しようとするが、家の中のコードが齧られたり、ネズミが運んできたダニに体をかまれてしまう。

共存の答えが見つからないまま、サウナを訪れたきつこは「ヌシ」の行動にヒントを探すが……。

画像ギャラリー