坂口健太郎“二宮”、玉山鉄二“市川”に「CODE」について問う

公開:
坂口健太郎“二宮”、玉山鉄二“市川”に「CODE」について問う

坂口健太郎が主演、染谷将太が共演する日曜ドラマ『CODE―願いの代償―』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜22:30~)第8話が、8月20日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

婚約者を失い絶望の淵におちた刑事が、その死の真相を追い求める中で、「どんな願いも叶える」という謎のアプリ「CODE」を手にして展開される物語。果たして、恋人の死の真相とは――? 謎のアプリの背後に潜む陰謀とは――? 幾重にも重なる事件と欲望が渦を巻く、ノンストップ・クライム・サスペンス。現在TVerでは、第1話~第3話、最新話のほか、オリジナルストーリー、各話ダイジェストなどが配信されている。

前回第7話で、二宮湊人(坂口)は、亡くなった彼女・七海悠香(臼田あさ美)の友人・小島明日香(伊藤歩)から、​​悠香と「CODE」の関わりについて聞く。彼女が一人で抱えていたことに気づかなかった二宮は、自分を責め「何をやってんだ俺は!」と涙ながらに悔やむ。ネット上では、二宮が流した涙について「深い愛情を感じる」「引き込まれた」​​「辛い」とのコメントがあがっていた。

<第8話あらすじ>
三輪円(松下奈緒)の息子・芯(木村優来)が姿を消してしまった。二宮湊人(坂口)は、病院中を探し回るが、どこにもいない。

一方、「市川社長(玉山鉄二)の慈善活動についての取材」と称し、「ランリーテクノロジー」を訪れた椎名一樹(染谷)と三宅咲(堀田真由)。市川はいないと言われてしまうが、システム開発部の撮影許可が下りる。開発部へ向かった咲は、セキュリティが厳しいランリーのハッキングに挑む。

その頃、二宮は、病院の屋上にいる芯と市川を発見。市川が、婚約者・七海悠香(臼田)の命を奪った“復讐すべき相手”「ランリー」の社長であることがわかる。「CODE」の話を振ると、市川は、CODEが悪いわけではなく、CODEを使う人間に問題がある、と指摘。さらに、弱くて卑しい人間を排除して、よりよい世界が作られている、と言う。二宮は、「あんたがCODEを作ったのか?」と問いかける。

その後、咲のハッキングによって、システム開発部のチーフプログラマー・後藤芳樹(池田鉄洋)が、市川へ“ある忠告”をしている場面を目撃した二宮たち。後藤に接触しようとするとまたも事件が起こり……!?

画像ギャラリー