前田敦子“由香里”、遺体で発見される3日前に毎熊克哉“智明”と会っていたことが判明し…

公開:
前田敦子“由香里”、遺体で発見される3日前に毎熊克哉“智明”と会っていたことが判明し…

深川麻衣が主演を務める新ドラマ『彼女たちの犯罪』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)第5話が、8月17日に放送される。

同ドラマの原作は、『ルパンの娘』『忍者に結婚は難しい』など、人気ドラマ原作を次々と手がける横関大の同名小説「彼女たちの犯罪」(幻冬舎文庫)。愛を求める日村繭美(深川)、自由を求める神野由香里(前田敦子)、正義を求める熊沢理子(石井杏奈)。それぞれに“普通の幸せ”を望み、葛藤を抱えながらも、それぞれの日常を暮らしていた彼女たちだったが、ある日、1人の女性の失踪事件をきっかけに、彼女たちの人生は、思いもよらぬ方向に進んでいく……というスリリングサスペンス。現在民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、最新話に加え、第1話~第3話、ダイジェスト映像が配信されている。

前回第4話で、理子に呼び出され集まった繭美、由香里、玉名翠(さとうほなみ)。理子から「席替えをしたらどうでしょうか?」と偽装自殺の提案をされた。ネット上では、幸せのトレード計画がスタートし、考察も過熱する中「展開読めない」「ドロドロになってきた」「続きが気になる」​​とのコメントがあがっていた。

<第5話あらすじ>
刑事・熊沢理子(石井)からの“偽装自殺”――神野由香里(前田)が自殺することにより、日村繭美(深川)は神野智明(毎熊克哉)の後釜に。そして、由香里は自由の身となる。

しかし、本当に自殺するのは死に場所を求めている玉名翠(さとう)――という衝撃の提案を受けた彼女たち。

この計画に乗ると決めた翠に、「絶対にダメ」と訴える由香里。繭美は、「それでも警察官なの?」と理子を責めて、まとまらない。そんな中、「人生の席替えをすれば、みなさんは幸せになれます」という理子の言葉が響き……。果たして、理子の目的とは何なのか?

やがて事態は思わぬ形で動き出す。由香里が遺体で発見される3日前に、智明と由香里が会っていたことが判明したのだ。これは、計画を狂わせるアクシデントなのか。それとも……?

画像ギャラリー