菊池風磨“匠”と長濱ねる“八重”の結婚がウソだと見破られる!?

公開:
菊池風磨“匠”と長濱ねる“八重”の結婚がウソだと見破られる!?

菊池風磨(Sexy Zone)が主演を務めるドラマ『ウソ婚』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜23:00~)の第6話が8月15日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

原作は時名きういの同名コミック。超モテ敏腕建築士の主人公・夏目匠(菊池)が、初恋相手の幼なじみ・千堂八重(長濱ねる)に“ウソの結婚相手”というアルバイトを依頼したことで動き出す、ウソから始まるラブコメディ。現在TVerでは、第1話、放送直前SPなどが配信中。

先週放送された第5話は、新藤将暉(渡辺翔太Snow Man)が八重に本音を打ち明けたシーンが話題に。ネット上では「ライバル関係だけど素敵」「本音を見せてるのがいい」「もっと仲良くなってほしい」といった声が寄せられていた。

<第6話あらすじ>
夏目匠(菊池)の元上司で、ドバイを拠点に活躍する実業家・新田淳(橋本淳)が帰国した。二木谷レミ(トリンドル玲奈)から、匠と千堂八重(長濱)が新婚旅行でドバイを訪れていたことを聞き、現地で撮影した写真を見せられた淳は、ある理由からその写真がフェイクだと気づく。当然、2人の新婚旅行がウソだと知ったレミは怒り心頭。淳は、万が一ウソがバレたときのことを考え、匠が二木谷皓司(鶴見辰吾)の娘であるレミをウソに巻き込むわけにはいかなかったのだと諭すが、レミは納得がいかない。

翌日、淳は真意を探るべく、匠のオフィスを電撃訪問。さらに、嫌がる匠を押し切って夏目家にまで押しかけ、八重と初対面を果たす。そして、口実を作って匠を家から追い出すと、「匠から全部聞いた……」と、さも2人の結婚がウソであることを知っているかのような口ぶりで、八重に揺さぶりをかける。

それからしばらくして、匠が設計したグランピングリゾートのプレオープンが行われ、匠と八重は“夫婦”でコテージに宿泊することに。匠の会社のスタッフと初めて顔を合わせた八重は、社長夫人として扱われることに恐縮しっぱなし。するとそこへ、プロジェクトの主催者である二木谷ホールディングスの代表として、レミがさっそうと現れて……。

画像ギャラリー