前田旺志郎“浅井”、与田祐希​​“リコ”に嫉妬!社長交代の提案を持ち掛ける

公開:
前田旺志郎“浅井”、与田祐希​​“リコ”に嫉妬!社長交代の提案を持ち掛ける
「量産型リコ -最後のプラモ女子の人生組み立て記-」を見る

乃木坂46与田祐希が主演を務めるドラマ『量産型リコ -もう1人のプラモ女子の人生組み立て記-』(テレビ東京系、毎週木曜24:30~)の第7話が、8月10日に放送される。

本作は、2022年7月期に放送された『量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-』の世界とは別の“もう1つの世界”を生きるリコこと小向璃子(与田)の成長を描いたホビー・ヒューマンドラマ。本作でのリコは、大学時代に友人と立ち上げたスタートアップ企業「ドリームクレイジー」の社長。会社と共に若手スタートアップ企業が切磋琢磨していくスタートアップ企業支援プロジェクト「ドッグラン」を通じてユニコーン企業を目指していく姿を描く。

前回の第6話で、リコ(小向璃子/与田)と大石ユキ​​(平野綾)のかわいらしいやりとりや、花火のシーンに注目が。ネット上では「一緒にしたい」「尊い」「幸せ」​​とのコメントがあった。なお、民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」にて『量産型リコ -プラモ女子の人生組み立て記-』が配信中。本作とあわせてチェックしてみては?

<第7話あらすじ>
ドリームクレイジーのメンバーが作った「NOKORUNA」のサービス発表会が行われ、小向璃子=リコ(与田)は“フードロスビジネスで最年少ユニコーン企業を目指す社長”と多くのメディアに取り上げられ注目を浴びていた。

そんなリコに対し、共同創業者である浅井祐樹(前田旺志郎)は嫉妬心を抱き、ある日の定例会議で社長交代の提案を持ち掛ける。そして、交代に乗り気なリコと浅井はじゃんけんで戦うことに!

リコvs浅井、社長の座を懸けた決闘が幕を開ける!

画像ギャラリー