松村北斗“倒理”、証拠を求め殺された議員の事務所に侵入もバレて揉み合いに!

公開:
松村北斗“倒理”、証拠を求め殺された議員の事務所に侵入もバレて揉み合いに!

松村北斗SixTONES)と西畑大吾なにわ男子)がW主演を務める本格ミステリードラマ『ノッキンオン・ロックドドア』(テレビ朝日系、毎週土曜23:00~)第3話が、8月12日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

ドラマ初共演となる演技派の松村&西畑が、相棒にしてライバルの最強ダブル探偵に扮し、W主演を務める本格ミステリードラマ(原作/青崎有吾、監督/堤幸彦ほか)。“トリック=不可能(HOW)専門探偵”御殿場倒理(松村)と、“動機や理由=不可解(WHY)専門”片無氷雨(西畑)が、微笑ましくもヒリヒリする人間ドラマを紡ぎながら、数々の難事件に挑んでいく。なお、現在TVerでは、第1話と第2話、ダイジェスト動画が配信中。

前回放送された第2話では、倒理と氷雨の元ゼミ仲間で、犯罪コンサルタント・糸切美影(早乙女太一)が仕組んだ事件を推理していくなか、倒理と氷雨が互いの髪の毛をくしゃくしゃにし合いながら喧嘩をする一幕が。ネット上ではそんな2人の姿に「可愛すぎ」「お互いのことよく分かってる」「ボサボサなの好き」などのコメントが寄せられた。

<第3話あらすじ>
元衆議院議員・南雲弘伸(大河内浩)がパーティーでスピーチの最中に殺された“衆人環視の毒殺事件”を追う不可能(HOW)専門探偵・御殿場倒理(松村)と、不可解(WHY)専門探偵・片無氷雨(西畑)。元ゼミ仲間で天才犯罪コンサルタントの糸切美影(早乙女)が犯人に提供した超高難度トリックに頭を悩ませる中、倒理は斬新な仮説を立てる。

南雲は秘書・浦和敬人(丸山智己)の巧みな誘導を受け、スピーチ直前に飲んだシャンパンに自ら毒を入れたのではないか……? その証拠を手に入れるため、倒理は夜の闇に紛れて南雲の事務所に侵入。ところが、運悪く鉢合わせしてしまった浦和と揉み合いになり、頭部を負傷して気絶してしまった! 倒理の言動が気にかかり、南雲事務所に駆け付けた氷雨は血を流して倒れる倒理を見つける。

後日、同じくゼミ仲間で、警視庁捜査一課の刑事・穿地決(石橋静河)から、倒理の仮説が盛大な空振りだったことが知らされる。しかし、倒理は転んでもただでは起き上がらない。実は侵入時に抜かりなく、真相解明の手がかりになると思われる品を入手していたのだ! それは運転手・堀田浩一郎(長田成哉)が運転する移動車の中に、南雲が常備していた「持病の薬」。さらに、秘書の浦和が気にかけていたデスクの引き出しには「3年前に起こった“ある痛ましい事故”の資料」を見つけたという。何を隠そう、事故の裏には南雲はもとより、時を同じくして彼への不正献金疑惑が持ち上がっていた大手建設会社の影もちらついていて……!?

これらの手がかりをもとに、美影が仕組んだトリック、そして犯人の正体と動機をつまびらかにすべく、恩師・天川考四郎(渡部篤郎)から叩き込まれた「観察」と「推論」を重ねる倒理と氷雨。それぞれの得意分野から“真相へとつながる扉”を模索する2人は、果たして美影が仕掛けた謎を解けるのか!?

画像ギャラリー