生田斗真“台場”、向井理&土屋太鳳“2人のご主人様”に翻弄される!?

公開:
生田斗真“台場”、向井理&土屋太鳳“2人のご主人様”に翻弄される!?

生田斗真が主演を務める『警部補ダイマジン』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~※一部地域で放送時間が異なります)第4話が、8月4日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

弱みを握られたことで、すっかり“召使い”に成り下がった正義感の強い熱血警部補・ダイマジンこと台場陣(生田)と、彼の“ご主人様”として君臨するドSな特命捜査対策班の室長・平安才門(向井理)。この最凶コンビと、最初は台場を殺人犯と疑って接近してくる刑事・七夕夕夏(土屋太鳳)が、巨悪に立ち向かう超過激なピカレスク・サスペンスドラマ。なお、現在TVerでは、最新話に加え、ダイジェストや三池崇史監督×生田の特別対談などが配信されている。

全話配信数500万回突破(ビデオリサーチ計測期間7月8日~8月2日)、毎話見逃し配信再生数が100万回超え(ビデオリサーチにて算出)、SNS上でも「ハラハラする」「展開が楽しみ!」と話題の本作だが、今回第4話は、のっけから緊迫感MAX! なんと台場が現行犯逮捕されるという波乱の展開で幕を開ける。しかもこれは、秘密結社「44」の罠……! 独裁政権を確立して国を支配するという目的を達成するための活動を邪魔され、苛立った「44」のトップが台場を排除しようと本格的に動き始めたこの作戦。意外にも窮地に陥った台場を救うことになるのは、彼を天羽大(宅麻伸)殺しの犯人と疑って尾行していた七夕で……。

これを機に、疑惑を払拭しきれないままではあるものの、台場と平安の仲間になる七夕だが、そのまっすぐ過ぎる正義感がアダとなり、絶体絶命の大ピンチに見舞われることになる。台場逮捕という波乱の幕開け、そして七夕に「44」の魔の手が迫る衝撃のラスト――最初から最後までハラハラしっぱなしの展開になっている。

第4話にも、三池監督のこだわりが詰まった過激なアクションシーンが登場。それは、現政権への批判的な記事を書いていたフリージャーナリスト・磯野郷太(石井正則)が、「44」の殺し屋・内藤昭雄(三元雅芸)に襲われている現場に台場が突入、間一髪で救出するというシーン。台場が、ビルの屋上に追い詰めた犯人と激しい乱闘を繰り広げることになる。

「骨を切らせて肉を断つ」――特殊なナイフを構え攻撃してくる内藤に斬りつけられた台場が、警棒で反撃するというド迫力のこのバトル。生田がスタントマンなしで挑んだ息をのむほど激しいアクションには三池監督らしいこだわりが詰まっている。このアクションシーンについて、生田がInstagramの実況中に「多分、自分史上最速」と投稿したほどに、スピーディーで超過激なバトルは必見だ。

そして今回は、秘密結社「44」のトップで、“教官”と呼ばれている男の正体が明らかになる。執拗に台場を排除しようと部下を暗躍させる“教官”は残忍そのもの! しかもその正体は、驚くべき人物で……。

罠に気付き、警戒する台場の裏をかく巧妙な作戦で、「44」のターゲットとなってしまうのは七夕。残忍な“教官”が放つ、血も涙もない作戦により、「44」の魔の手が七夕に迫る。はたして、命の危機にさらされ、絶対絶命の大ピンチに追い込まれた七夕の運命は……!?

緊迫感漂う第4話だが、ほっこりすること必至なのは、七夕が台場&平安の最凶コンビの仲間になるシーン。ついに3人のチームが誕生する!「台場警部補は私の言うことには逆らえませんから」というドS上司・平安に、「私の言うことにも逆らえませんから」と返す七夕。弱みを握られ、なんと台場は、2人の“ご主人様”に翻弄されることに!?

さらに、隠れて情報交換をする公安部の理事官・百鬼行人(高橋克典)と平安のオトナの密談や、政界をも動かす“土日の老人”こと穴水政玄(片岡鶴太郎)のクセが強過ぎる謎の予言など、敵か味方かいまだに確信がもてない豪華キャスト陣の怪演……見どころたっぷりとなっている。

画像ギャラリー