高橋克典“百鬼”が向井理“平安”に接近!公安が握る「44」の情報を提供するというが…

公開: 更新:
高橋克典“百鬼”が向井理“平安”に接近!公安が握る「44」の情報を提供するというが…

生田斗真が主演を務める『警部補ダイマジン』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~※一部地域で放送時間が異なります)第3話が、7月28日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

弱みを握られたことで、すっかり“召使い”に成り下がった正義感の強い熱血警部補・ダイマジンこと台場陣(生田)と、彼の“ご主人様”として君臨するドSな特命捜査対策班の室長・平安才門(向井理)。この最凶コンビと、最初は台場を殺人犯と疑って接近してくる刑事・七夕夕夏(土屋太鳳)が、巨悪に立ち向かう超過激なピカレスク・サスペンスドラマ。なお、現在TVerでは、最新話に加え、ダイジェストや三池崇史監督×生田の特別対談などが配信されている。

第1話、第2話の放送を終えて第1話の見逃し配信再生数が229.2万回(ビデオリサーチにて算出 期間:7月8日から7月26日)、第2話の見逃し配信数149.9万回(ビデオリサーチにて算出 期間:7月15日から7月26日)と約380万回と金曜ナイトドラマ枠の最高記録を更新。SNSなどでも「めちゃめちゃ攻めてる!」「目が離せない」「キャストが豪華すぎる」など、注目を集めている本作だが、激しいアクションシーンが登場した第2話に続き、第3話でも、三池監督ならではといえる危険で、不穏で、ハラハラする……何とも濃密な世界観がさく裂! ますます見逃せない展開が待ち受けている。

<第3話あらすじ>
警視庁特命捜査対策班の室長・平安才門(向井)の捜査により、自分たちの命を狙う秘密結社「44」の殺し屋・市川孝蔵(矢柴俊博)が、かつて元国会議員・桜庭紘一の秘書をしていたこと、さらに現在も議員会館に出入りしていることが判明。台場陣(生田)らは、「44」が政権中枢にまで食い込んでいることに衝撃を受ける。日本の政界・財界・警察組織をも牛耳る闇組織「44」の目的とは何なのか。想像以上に巨悪がのさばっていることにがく然とする特命班だが……!?

そんなある日、平安の前に警視庁公安部の理事官・百鬼行人(高橋克典)が現れる。百鬼は、平安が「44」の黒幕を探っていることを知り、接近してきたらしい。公安が握っている「44」の情報を提供するという百鬼だが、平安は機密性の高い公安部の理事官が、あっさり情報提供してくれることが逆に引っ掛かる。百鬼はそんな平安に、「44」の情報と引き換えに、天羽大(宅麻伸)を殺害した犯人が知りたいと、情報交換を持ち掛ける。はたして、彼は敵か味方か――。平安は、殺人犯は台場だと教え、百鬼がどんな動きを見せるのかを試す危険な賭けに出ることに!

一方、自分が平安に売られたことなど知る由もない台場は、「44」の殺し屋・市川の正体を探っていた。

そんな台場を天羽殺しの犯人だと疑い、密かに捜査している刑事・七夕夕夏(土屋)。七夕は、証拠を押さえるべく、市川を追う台場を尾行するのだが……!?

画像ギャラリー