松下奈緒“円”のもとに坂口健太郎“二宮”殺害の任務!?「失敗の場合 死の制裁」

公開:
松下奈緒“円”のもとに坂口健太郎“二宮”殺害の任務!?「失敗の場合 死の制裁」

坂口健太郎が主演、染谷将太が共演する日曜ドラマ『CODE―願いの代償―』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週日曜22:30~)第5話が7月30日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

婚約者を失い絶望の淵におちた刑事が、その死の真相を追い求める中で、「どんな願いも叶える」という謎のアプリ「CODE」を手にして展開される物語。果たして、恋人の死の真相とは――? 謎のアプリの背後に潜む陰謀とは――? 幾重にも重なる事件と欲望が渦を巻く、ノンストップ・クライム・サスペンス。現在TVerでは、第1話~最新話のほか、オリジナルストーリー、各話ダイジェストなどが配信されている。

前回第4話では、CODEについて調べている椎名一樹(染谷)​​と三宅咲(堀田真由)と手を組むことにした二宮湊人(坂口)。調べていく中で、CODEを使用する警察関係者がいることを知り、CODEを使って「神奈川県警のCODE使用者を教えてくれ」と入力すると、そこには、同僚の百田優(三浦貴大)の写真が映し出されて……。2話連続で信頼していた人に裏切られた二宮に、SNS上では「ショック」「胸が痛い」「しんどい」​​とのコメントがあがっていた。

<第5話あらすじ>
「俺みたいになるなよ」という言葉を残し、二宮湊人(坂口)の目の前で、自らを拳銃で撃った百田優(三浦)。やりきれない思いの二宮の元に、七海悠香(臼田あさ美)を殺したという謎の男から連絡が入る。悠香のことをこれ以上調べるなと警告した男は、仲間が警察の中にいる、と告げて……。

数日後。容疑が晴れ、釈放された田波秋生(鈴木浩介)の元を訪れた二宮。疑ってしまったことを詫びながら、「CODE」にまつわるすべてのことを話すのだった。その裏で、二宮はある決意をしていた。

フリー記者・椎名一樹(染谷)や、ハッカーの三宅咲(堀田)の協力もあり、悠香が亡くなった日の夜のことが徐々に明らかになっていく。事件が起きる直前、悠香はあるデータをUSBにコピーしていた可能性が浮上し……!?

一方、三輪円(松下奈緒)は病院から連絡を受けていた。心臓のドナーが必要である息子・芯が予断を許さない状況だという。そんな円の元に、CODEから「二宮湊人を殺害して下さい」という任務の連絡が。さらに、「任務失敗の場合 死の制裁」の文字もあり……。果たして、二宮は逃げ切ることができるのか!?

画像ギャラリー