『ウソ婚』菊池風磨“匠”、ウソに苦しむ長濱ねる“八重”に優しい言葉「いりゃいいんだよ、お前は」【ネタバレあり】

公開:
『ウソ婚』菊池風磨“匠”、ウソに苦しむ長濱ねる“八重”に優しい言葉「いりゃいいんだよ、お前は」【ネタバレあり】

菊池風磨(Sexy Zone)が主演を務めるドラマ『ウソ婚』(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜23:00~)の第3話が7月25日に放送。夏目匠(菊池)と千堂八重(長濱ねる)のウソ婚が本格的にスタートした。(以下、ネタバレが含まれます)。

二木谷皓司(鶴見辰吾)の誕生日パーティー出席のためマナーや仕草を猛特訓した八重は、匠から「困ったときは笑え。何とかなるから」と励まされ会場へ。偶然再会した元同僚の前でも笑みを浮かべ、匠との約束を守るためにウソをついてしまう。

八重と元同僚のやりとりを見ていた匠は「やめるか。めんどうくせえよな、ウソつくのって」と優しく声をかけ、それでも笑みを浮かべる八重を屋上へ連れていく。そこは、匠が自分に苛立ったり、落ち込んだりした時に来る場所だった。

夜景を見ながら、匠は自分が建築士になった理由を告白。そして、きっかけとなった八重に「だからねぇんだよ。お前がいなかったら、あの灯りも」「いりゃいいんだよ、お前は。立ってっから役に、誰かの」とぶっきらぼうに、もうウソをつく必要はないと告げる。その言葉で立ち直った八重は、元同僚に声をかけに行き……。

SNS上では、クールな匠から垣間見える愛情に「ところどころ素っぽいのがいい」「かわいすぎ」「言葉が素敵」「人間が出来過ぎている」といった声が寄せられた。

次回、第4話は8月1日に放送。進藤将暉(渡辺翔太Snow Man)が匠に探りを入れる。なお現在TVerでは、第1話も配信中。