山本千尋、キス顔披露のAぇ! Group・福本大晴に「さすがうちのNo.1ホスト」

公開:
山本千尋、キス顔披露のAぇ! Group・福本大晴に「さすがうちのNo.1ホスト」

7月25日(火)にスタートするドラマストリーム『埼玉のホスト』(TBS、毎週火曜25:00~※関東ローカル)の制作発表会見が18日に開催され、主演の山本千尋、共演の福本大晴(Aぇ! group/関西ジャニーズJr.)、楽駆木村了中沢元紀田中洸希濱尾ノリタカ守谷日和中山咲月が出席した。

今作は、“何もかも中途半端な埼玉のホストたち”と“ある秘密を持つ歌舞伎町トップホスト”、そして“男だけでなく人間全般を信用しない女”が目標のために時にぶつかりあい、時に励まし合い、絆を深め合う様を描くラブストーリー&青春コメディ。

山本が今作で演じるのは、埼玉県内の数々の飲食店を立て直してきた超優秀なコンサルタントの荒牧ゆりか。ホストクラブ「エーイチ」から依頼を受け、「エーイチ」を立て直すために奮闘するが、「エーイチと出会うことで、ゆりかがどうなっていくのか見てほしい」とニッコリ。

福本は元々農家の息子でゆりかがホストにスカウトした岩槻キセキを演じるが、「No.1ホスト候補で、超イケメンを演じます」とニヤリ。また、「実は人間と話すのが苦手で植物としかしゃべれない、奥手で特殊なキャラクター」と言い、「すごくやりがいがある。台本もすごく面白いし、演じるのも面白い」と凛々しい表情で語った。

注目のシーンを聞かれた山本は、「エーイチのみんなの個性溢れるキャラクター。おばかで愛おしい」と回答。さらに、福本の方を見ながら「この夏一番のヒロインだと思っています」と口にすると、福本も「確かに、僕はこの夏一番のヒロインだと思っています」とニンマリし、「ラブコメの部分もあるので、その部分で僕がかなりキュンキュンさせます」と宣言。

また福本は、「仲間たちの青春やライバルも描かれる。1話を見ましたが、テンポ感がめちゃくちゃあって。面白いワードが飛び交うので、耳だけでも面白い。めちゃくちゃ見やすくて、僕も自信を持ってお届けできる」と力説。山本も「撮影前にリハーサルをしましたが、その時点で1年くらい居たように打ち解けていた」とキャスト陣の仲の良さが伝わるエピソードを披露。それを受けて、福本が「休憩時間なのに、ずっと話しててみんな休憩しない。ホストだけど学生気分だった」と振り返ると、濱尾が「(登場人物が)楽しんでるシーンが多い作品だけど、実際に仲がいいから出せる空気感は見てほしい」と呼びかけていた。

さらにトークでは、福本に関する現場でのエピソードが続々と飛び出すことに。楽駆が「大晴が(ドラマの)Tシャツを作ってくれて、それが最高でした。それを着て(今日も)出たかったくらい」と打ち明けると、福本は「みんなに配ったとき、テンションが上がってくれていたので、めちゃくちゃうれしかった」と笑顔。すると、木村が「犬の散歩をするときに着ています」と明かし、福本らを笑わせていた。

また、中沢が「大晴が、連日撮影が続いてみんなが疲れてる時に、素敵な弁当を差し入れしてくれた」と感謝すると、福本は「言い過ぎなんですよ。ずっとありがとうって言ってくれる」と中沢に照れつつも、「みんなやスタッフさんがめちゃくちゃ喜んでくれて、僕も温まりました」と逆に感謝していた。

同会見は、オンラインで生配信されていたため、ホスト役のキャストが視聴者に向かってキュンとさせる必殺テクニックを披露する一幕も。ラストに登場した福本は「めちゃ嫌」と苦笑いしつつも、「幼なじみと行く夏祭りデート」を熱演。最後にはカメラに近づきキスを披露して会場を盛り上げると、山本は「さすがうちのNo.1ホスト」と福本のテクニックを絶賛していた。

最後には、山本が「一人ひとりがコンプレックスや挫折を抱えながらも、仲間と乗り越えていく青春群像劇。明日の1歩が明るくなるドラマだと思うので、何度でも見てください」とアピール。そして、福本らエーイチのホストを演じるキャスト陣が、ドラマででてくるホストクラブのオリジナルコールを披露し、締めくくっていた。