中村倫也主演『ハヤブサ消防団』初回見逃し配信再生回数が3日間で100万回を突破!

公開: 更新:

中村倫也が主演を務める木曜ドラマ『ハヤブサ消防団』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)。7月13日に放送された第1話の見逃し配信再生回数が3日間で100万回を突破した(ビデオリサーチにて算出/7月13日~7月15日)。

同ドラマは国民的ヒットメーカー・池井戸潤の最新作を、変幻自在の実力派・中村主演で映像化する、“戦慄の田園ミステリー”。

昨年、主演ドラマ『silent』が社会現象となった川口春奈が物語の鍵を握るミステリアスなヒロインを演じるほか、満島真之介古川雄大岡部たかし梶原善橋本じゅん山本耕史生瀬勝久ら名うてのバイプレイヤーたちがズラリ勢揃いしており、スタート前から「原作、キャストを見たら面白くなりそうな期待しかない」などと大注目を集めていたが、初回拡大スペシャルでは、そんな演技巧者たちの濃密な芝居と怪しさ満点のストーリーに引き込まれる人が続出し、平均個人視聴率5・9%、平均世帯視聴率10.5%を記録(関東地区、ビデオリサーチ調べ)! タイトルの『ハヤブサ消防団』がTwitterでトレンド入りするなど、大反響を巻き起こした。

初回は、スランプ気味のミステリ作家・三馬太郎(中村)が亡き父の故郷である小さな集落“ハヤブサ地区”に移住したところからスタート。都会のストレスから解放され、穏やかな生活をはじめたのもつかの間、太郎は藤本勘介(満島)や山原賢作(生瀬)ら地区の男たちから地元消防団に勧誘される。団体行動に縁のない太郎はいったんは入団を断るものの、火災現場で彼らの勇姿を目の当たりにしたことから参加を決意。しかし、なんとハヤブサ地区では不気味な連続放火が進行中であることが判明。しかも住民・山原浩喜(一ノ瀬ワタル)が行方不明になるという事態が起きて――という息もつかせぬ展開が続いた。 

初回でSNSをザワつかせたのが、Netflix配信ドラマ『サンクチュアリ -聖域-』の怪演で世界に名をとどろかせた俳優・一ノ瀬ワタル演じるキーパーソン・山原浩喜と、彼に襲いかかった急転直下の運命。浩喜はハヤブサ地区の住民たちから恐れられる札つきのワルで、登場シーンはコワモテそのものだったが、太郎のもとまで親切に野菜を届けてくれたばかりか、「ハヤブサに移住してよかった」という太郎の本音を聞いてやさしい笑顔を浮かべるシーンがあり、そのツンデレ具合にノックアウトされる視聴者も続出。

ところが、浩喜にはラストに衝撃の展開が降りかかることとなり、振り幅のすさまじい展開にSNSも大騒然!「一ノ瀬さんのふとした笑顔にキュンとしつつ最後は……」「あの笑顔、悪い人じゃないんじゃない? と思ったのにあんな展開に!」「あのニッコリは優しいヤツしかできんて! 浩喜、絶対ハヤブサ好きやん!」「え? 浩喜? え? え? え?」という驚きの声があふれた。

この初回からの急激展開に、SNSでは犯人考察が早くも大盛り上がり! しかし、消防団メンバーをはじめ出演者がクセ者キャラを存在感たっぷりに見せてきた演技派ばかりのため、SNS上では「俳優陣豪華すぎて今の所みんな怪しく見えてしまう」「一見人の好さそうな気のいい田舎のおっさんの集まりなんだけど、誰が犯人でもおかしくないメンツなせいで怪しさMAX」「ずっと不穏でずっと全員怪しくて面白かった。キャスト濃すぎる! 来週も楽しみ」と困惑と期待の声が殺到。そして、初回をリアルタイム視聴したという池井戸からも「小説の世界観を生かしつつ、ドラマならではの見どころが詰まっていました」と絶賛のコメントが届いた。

そんな大反響の初回の見逃し配信再生回数が、3日間で100万回を突破! この初回を見逃した人は、ぜひTVer、TELASA(テラサ)やABEMAなどの見逃し配信で、衝撃を体感してみては。

そして次回、7月20日放送の第2話は、太郎がついに事件の“謎解き役”として始動。浩喜が連続放火の犯人だという根拠のない噂が出回っていることに違和感を覚えた太郎は、真相を突き止めるべく独自取材を開始。太郎が疑惑の視線を向ける人物とはいったい誰なのか!? 

また、初回、意味深な登場を果たしたヒロイン・立木彩(川口)が太郎にある依頼を持ち込み、急接近! さらに、ハヤブサ消防団メンバーが“消防操法大会”に挑戦するなど迫力シーンも満載となっている。

画像ギャラリー