山下美月“晃”と鈴木仁“桂一”、夫婦ごっこ開始!ご近所の赤ちゃんの子守りを…

公開:
山下美月“晃”と鈴木仁“桂一”、夫婦ごっこ開始!ご近所の赤ちゃんの子守りを…

山下美月乃木坂46)と鈴木仁がW主演を務めるドラマプレミア23『さらば、佳き日』(テレビ東京系、毎週月曜23:06~)の第6話が、7月17日に放送、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」にて無料リアルタイム配信される。

原作は、「ひだまりが聴こえる」(“文乃ゆき”名義)でも人気を博した新鋭・茜田千の同名作。ある地方都市に“新婚夫婦”として引っ越してきた広瀬晃(山下)と桂一(鈴木)には、誰にも言えない大きな「秘密」があった。それは、2人は兄妹だということ。兄妹でありながら愛し合う2人と、2人の親や友達、職場や近所の人々との人間関係を描くヒューマンラブストーリーだ。

前回、第5話では、晃が桂一に「兄と妹に戻るか、夫婦ごっこをするか選んで」と迫ったことについて、SNS上で「酷すぎる」「また波乱が……」というコメントが上がっていた。

<第6話あらすじ>
地方都市で夫婦ごっこを始めた広瀬晃(山下)と兄の桂一(鈴木)。

2人は山田伝二(勝村政信)が経営する民宿に住まわせてもらうことに。

そんな中、出版社で働き始めた桂一は仕事で絵本作家の帆奈(谷まりあ)と出会う。

一方晃は、民宿の手伝いをする日々を送るが、ある日ご近所の赤ちゃんの子守りをすることに。晃はニコニコ笑う赤ちゃんを見て、赤ちゃんを抱く晃の傍に桂一がいる場面を思い描く。

その夜、晃は桂一にある提案をする……。

画像ギャラリー