若村麻由美の“一人三役”を木村佳乃と沢村一樹が絶賛!

公開: 更新:

7月20日に15分拡大SPでスタートする木曜劇場『この素晴らしき世界』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の制作発表会見が10日、都内で行われ、主演の若村麻由美のほか、木村佳乃沢村一樹マキタスポーツが出席した。

本作は、平凡な生活を送る主婦が、ひょんなことから芸能界で活躍する大女優になりすましながら二重生活を強いられる、“なりすましコメディ”。当初は鈴木京香が主演予定だったが、体調不良により降板。若村が『夜桜お染』(2003年、フジテレビ系)以来、約20年ぶりの地上波連続ドラマ主演を務める。

若村麻由美
若村麻由美

若村は会見冒頭、「私は鈴木京香さんからバトンを引き継ぎまして、この役を演じさせていただくことになりました。京香さん、今もしっかり静養されているということで、一日も早く回復されて、お会いできるのを楽しみにしています」と療養中の鈴木にエール。撮影についても「撮影はおかげさまで順調に進んでおりまして、昨日、第一話が完成したということを聞きました。すごく面白くできているそうなので、期待してください」と順調に進んでいることをアピールした。

木村佳乃
木村佳乃

木村は若村とプライベートでの付き合いはあるが、仕事を一緒にするのは初めてだといい、「とっても楽しくて大人な現場でございます。順調にきております」と同じく順調な現場の雰囲気を紹介。周囲はベテラン俳優がずらりと顔を揃えており、仕事がしやすいとも話し、「みなさん自由自在。私に対してもどんと来いという感じで迎えてくださるんです」と話す。マキタも同じく若村と初共演だが、若村以外のキャストも初めての共演者が多いといい、「胸を借りるつもりで頑張っております」と嬉しそうな表情で意気込みを語った。

若村は浜岡妙子・若菜絹代という二人の人格を演じるが、「一人二役と聞いていたんですけど、結局三役やっている感じがします」と感想を述べる。実際には妙子、そして妙子の演じる絹代、実際の絹代の三役を演じているといい、「すごく難しいのかなと思っていたら、意外にスタッフさんのおかげでなのか、わりとすんなりと入れました」と話す。

沢村一樹
沢村一樹

一方で「浜岡妙子がヒロインかなと私は思っています。彼女が失踪した大女優の絹代の代役を務めるんですけど、昨日、初めて若菜絹代自身が声を発するシーンを撮ったんですけど、第三者に対して女優として接するときはどんな風に接するんだろうと少し考えてしまいました」と具体的な演じ分けの難しさも口にする。「あと、女優のふりをする妙子が、女優だと思って接してくれる人に対してどんな風な表現をするんだろうとか、そういう部分を演じ分けるのがすごく難しかったです」と感想を述べた。

若村麻由美、沢村一樹
若村麻由美、沢村一樹

木村はそんな若村に対して「三役全部に接しましたけど、全然違います。しっかり演じわけられています」と絶賛。沢村も「(役ごとに)全然雰囲気が違うんです。大女優として接する時はビクビクしていますし、妙子として会うときはちょっとキュンキュンしています」と感想を述べ、笑顔を見せていた。なお、7月10日が56歳の誕生日だった沢村を登壇者がサプライズで祝福する一幕もあった。

画像ギャラリー