犬飼貴丈“みきお”「学級裁判」を提案!カレーに毒を入れたのは…

公開: 更新:

井上瑞稀HiHi Jets/ジャニーズJr.)が主演を務めるドラマチューズ!『なれの果ての僕ら』(テレビ東京系、毎週火曜24:30~)の第3話が、7月11日に放送される。

原作は、「週刊少年マガジン」で連載後「マガジンポケット」にて配信された内海八重による同名作。同窓会に参加したクラスメイトの壮絶な監禁劇が繰り広げられというストーリーは、SNS上でも“続きが気になる”と話題を呼んだ。極限状態の中で変貌していく人間の狂気を描いたサスペンス。井上は、自分を顧みず他人を助ける性格で誰からも好かれている主人公・真田透(愛称:ネズ)を演じる。そんなネズが同窓会のため母校に訪れるのだが、3日間監禁され、13人が死亡すると言う大事件に巻き込まれる。監禁したのは、かつてのクラスメイトである夢崎みきお(犬飼貴丈)だった……。

前回の第2話では、毒を飲んだ雨宮鈴子(大原優乃)が生き残るために仕掛けた行動が話題に。SNS上では、「意外と策士?」といったコメントがあがっていた。

<第3話あらすじ>
“善”の本性を暴く実験「毒の請け負いリレー」が終わり、全員でカレーを食べていると、突然、相沢すみれ(北原ゆず)が吐血し死亡する。真田透=ネズ(井上)たちは何者かの毒殺を疑うも、犯人は見つからない。

最悪の空気の中で、ユーチューバーの杉田将矢=しょーやん(新原泰佑)のカメラには、偶然にも山口茉莉花(中村里帆)が毒を入れている姿が映っていた。

夢崎みきお(犬飼)はみんなの手で山口を裁く「学級裁判」を提案するが、この裁判が、全員の狂気を加速させていく。

画像ギャラリー