小関裕太“仁科”が田辺桃子​​“藤子”にストーカー!視聴者戦慄「ゾクッとする」

公開:
小関裕太“仁科”が田辺桃子​​“藤子”にストーカー!視聴者戦慄「ゾクッとする」
「癒やしのお隣さんには秘密がある」を見る

田辺桃子小関裕太が主演を務める『癒やしのお隣さんには秘密がある』(日本テレビほか、毎週金曜24:30〜)の第1話が、7月7日に放送。ネット上では、仁科蒼真(小関)のストーカー行為に戦慄する人が多くいた(以下、ネタバレが含まれます)。

東京タワーの見える部屋で鼻歌を歌う仁科。部屋は真っ暗だ。壁には、プロジェクターで蓬田藤子(田辺)の写真を投影している。彼はそれを見ながらニヤニヤと笑い、写真の髪をなでる。自分の指をねぶって彼女の顔につけ、さらには手を重ねる。藤子の住むアパートの物件情報に目をやると「藤子さん……今から会いにいきますね」とつぶやいた。

会社員の藤子は、親に仕送りするのもあってボロボロのアパートに住んでいる。そんな中、隣にイケメン(仁科)が引っ越してきた。彼が挨拶にやってきて笑顔になる藤子。「分からないことがあったら聞いてください」と声をかけた。仁科と別れたあと「イケメンが隣にいるという謎の優越感……贅沢!」と顔がほころんだ。

一方で、仁科は藤子と話ができたことが嬉しくてたまらない。叫びそうになるのを我慢して、ネクタイを噛みながら喜びを爆発させた。壁には藤子の写真がびっしりと貼ってあった。

ある日、藤子がベランダでビールを飲みながら仕事の愚痴をこぼしていると、同じくベランダにいた仁科に声を聞かれて……。

ネット上では、小関演じる仁科のストーカーっぷりに「怖い」「ゾクッとする」「キュンキュンと恐怖(がある)」​​とのコメントがあった。

次回は7月14日に放送。じつは仁科が大手企業の御曹司だと判明​​し、藤子はなぜアパートに住んでいるのか不思議に思う。

なお、現在民放公式テレビ配信サービス「TVer」では、予告動画、配信限定動画が配信中だ。