森七菜“夏海”、間宮祥太朗“健人”の態度でバカにされたような気分になり…

公開:

森七菜間宮祥太朗がW主演を務める月9ドラマ『真夏のシンデレラ』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)が7月10日より30分拡大SPでスタート、及び民放公式テレビ配信サービス「TVer」で無料リアルタイム配信される。

本作は、真夏の海が舞台の男女8人恋愛群像劇。海辺で一緒に生まれ育った“海辺のシンデレラ”である女友達3人組と、東京で親の期待に応えて一流大学に入学し、それぞれの道へ進むも優等生な日々を送る男友達。住む世界の異なる男女が真夏の海で運命的に出会い、複雑に交錯した感情や本音をぶつけ合いながら成長していく姿が描かれる。森と間宮のほかに神尾楓珠吉川愛萩原利久白濱亜嵐仁村紗和水上恒司らが出演する。現在TVerでは、制作発表会見の様子も配信中。

<第1話あらすじ>
蒼井夏海(森)は、海の町で生まれ育った明るく真っ直ぐで負けん気が強い性格。父親の亮(山口智充)、弟の海斗(大西利空)と3人暮らしの夏海は、サップのインストラクターをする傍ら、亮が経営する食堂の運営と家事全般をこなしている。

多忙な日々を送る夏海にとって至福の時間は、マッチングアプリにハマっている美容師アシスタントの滝川愛梨(吉川)、18歳の時に産んだ息子を育てるシングルマザーの小椋理沙(仁村)とつるんでいるとき。地元愛が強く、夏海の幼なじみの牧野匠(神尾)とも家族ぐるみの関係が続いている。

水島健人(間宮)は、一流大学を卒業し、有名建築家の父が経営する大手建築会社で働いている。高校時代からの友人で、エリート思考の強い医師の佐々木修(萩原)、明るいムードメーカーの山内守(白濱)とバカンスに出かけた健人は、夏海の指導でサップを初体験する。人を見下したような態度をみせる修のせいで、一流大卒のエリートだという3人に何となくバカにされたような気分になる夏海。

そんな折、夏海は、愛梨から海辺の別荘で行われるパーティーに誘われる。マッチングアプリで知り合った男性が、たまたま近くに遊びに来ているのだという。夏海は、亮と海斗に店を任せ、お手製の料理を持って別荘を訪れる。するとそこにいたのは……。

画像ギャラリー