生田斗真主演『警部補ダイマジン』第1話冒頭4分40秒をTVerで先行公開!

公開:
生田斗真主演『警部補ダイマジン』第1話冒頭4分40秒をTVerで先行公開!

生田斗真が主演を務める『警部補ダイマジン』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~※一部地域で放送時間が異なります)が7月7日にスタート。このほど、放送スタートに先駆け、テレビ朝日公式YouTubeチャンネル、テラサ、TVer(テレ朝動画無料領域)で、第1話の冒頭4分40秒が先行公開されることが決定した。

同ドラマは、主演・生田×監督・三池崇史という強力タッグで贈る斬新かつ超刺激的な作品。ヒット作『クロコーチ』を生み出したリチャード・ウー(原作)&コウノコウジ(作画)コンビの最新作であり、ピカレスク・サスペンスとして話題の大人気漫画「警部補ダイマジン」(「週刊漫画ゴラク」連載中、日本文芸社 刊)を映像化した本作の主人公は、正義感の強い警視庁捜査一課のエース警部補“ダイマジン”こと台場陣(生田)。台場が“ある弱み”を握られたことで未解決事件専門の特命捜査対策班に異動。自分を召使いのようにこき使う特命捜査対策班の室長で警視正の平安才門(向井理)や、自分を殺人犯と疑って急接近してくる刑事・七夕夕夏(土屋太鳳)らとともに、法で裁けない悪党に剛腕を振りかざし、悪をもって悪を制す――そんなダークヒーローが巨悪に挑む物語。

人形をひねり潰す台場、怪しげな微笑みを浮かべる台場、そして元警察庁の重鎮を自殺に見せかけて殺害、自ら裁きを下す台場――と、冒頭の4分40秒だけで、いきなり不穏さ全開! 自他ともに認めるエース刑事が、のっけから人を殺害するという衝撃の幕開けとなる。

<第1話あらすじ>
警視庁捜査一課のエース刑事・台場陣(生田)。立派な体格に剛腕、誰よりも強い正義感から“ダイマジン(大魔神)”と称されている検挙率No.1の台場だが、彼には大きな秘密があった。それは、法で裁けぬ未解決事件の犯人に、自ら手を下して罰を与えていること――。

今日も未解決事件の真犯人である元警察庁の重鎮・天羽大(宅麻伸)を自殺に見せかけて殺害したばかりだった。しかし、その秘密を知った特命捜査対策班の室長・平安才門(向井)から、「罪を見逃す代わりに、自分の部下になれ!」と、捜査一課から特命班へ無理やり異動させられてしまう。

その頃、ある議員の銃撃事件が発生。台場は、平安と共に現場へと向かう。“未解決事件専門なのに、なぜ……?”と疑問を抱いた台場は、特命班の賀来さくら(シシド・カフカ)と牡丹則行(浜野謙太)から、この事件にはある秘密結社が関係していることを聞かされる。さらに、特命班の未解決事件の真犯人は天羽だと考えて捜査していたこと、天羽もその結社の一員だったため、真実が隠蔽されたことを聞かされる。

そんな中、特命班は秘密結社の殺し屋・市川孝蔵(矢柴俊博)と中野伸之(出合正幸)の行動確認を続けていた。すると牡丹から台場に中野が古いマンションに入って行ったと連絡が入る。なんとそこは平安が秘密の資料部屋として使っている部屋だった。

一方、連続幼女誘拐殺人事件の捜査中、救出された幼女に話を聞いた刑事・七夕夕夏(土屋)は、密かに犯人の特徴に当てはまる台場を疑い始めていて……!?

弱みをエサに飼い主となった平安と、召使いに成り下がった台場。この夏、前代未聞の最凶コンビが、悪をもって悪を制す――。

PICK UP